「咳が続く」「咳がひどい」は何の病気?

マスクをしている女の子

咳が続くのはツライものです

新年度を迎えてから、咳が止まらない人はいませんか? 特に、引越しをしてから咳が続く場合は、環境や家に問題があるのではないかと原因が気になるものです。この時期長引く咳の原因を考えてみましょう。

以下に、咳の主な原因をまとめてみました。ご自身の症状と照らし合わせて読んでみてください。

特に晴れた日に咳が出る場合……花粉・黄砂・大気汚染

■花粉
5月ならヒノキ花粉が花粉症の原因になります

晴れた日や、遠くに霞がかかっているように見える日に咳が出る場合、原因は引っ越しではなく、花粉や黄砂、大気汚染によるものの可能性が考えられます。

4月ならスギ花粉、5月ならヒノキ花粉です。スギ花粉症の方は、ヒノキ花粉にも反応することが多いので、スギのシーズンが終わっても、咳、鼻水、くしゃみ、鼻づまりが続く場合は、花粉症対策をやめないようにしましょう。

花粉による咳の対策方法としては、花粉を減らす方法と、体につく花粉を減らす方法を実践しましょう。詳しくは「花粉症の原因(カレンダー)」「アトピー発症時期に花粉が多いと…?!」「花粉症重症度チェック」「花粉症の治療」「体質改善?免疫療法って何?」「花粉症が長引く?副鼻腔炎」「洗濯物に花粉をつけない方法」「花粉も黄砂もまとめて解決! 空気清浄機」などをご覧ください。

■黄砂
中国の砂漠から偏西風に乗ってきます
花粉アレルギーはなさそうなのに咳がひどい場合、環境省黄砂飛来情報で、黄砂の飛散量をチェックしてみましょう。黄砂が多いと言われるタイミングで咳がひどくなる場合、黄砂が原因かもしれません。

3月から5月までに飛来する黄砂には、様々な物質、有害物質も含まれていますので、注意が必要です。

対策方法としては、花粉より小さいウイルスをブロックできるマスクを使用しましょう。詳しくは「黄砂が飛ぶと、アレルギーが悪化!?」「有害物質を運ぶ砂……黄砂の成分に注意!」「咳・鼻水・湿疹……早めの黄砂対策!」「花粉も黄砂もまとめて解決! 空気清浄機」などをご覧ください。

■大気汚染
工場や自動車の排気ガスが問題です。日本では規制が厳しくなっています

もう一つ考えられるのは大気汚染です。咳のひどい時に、そらまめ君(環境省大気汚染物質広域監視システム)で大気の状態をチェックしましょう。光化学スモッグ発生している時に、咳をしていると、大気汚染が原因かもしれません。

対策方法としては、外出をなるべく避けること。詳しくは「咳・鼻水・湿疹……早めの黄砂対策!」をご覧ください。

引っ越し後、部屋にいると咳がひどくなる場合…カビ

カビはいたるところで生えます
引っ越し後の部屋が何かこもっているような感じがしたり、部屋にいうときに咳がひどく出るような場合、カビが原因の化膿性もあります。水周り、台所、浴室に黒いカビはいませんか? 部屋のタンスの後など、カビは湿度の多いところに繁殖しています。洗濯槽の後にカビが付いていることもありますし、見えにくいエアコンにも注意が必要です。特に自分が入居するまでにしばらく人が住んでいなかったり、時間を空けてエアコンなどを使用するような場合、エアコンにカビが付いていると部屋中にカビを広げてしまいます。

対策法としては、まずは湿度を下げることが重要です。「梅雨に向けてのカビ対策」「梅雨でもアトピーを吹き飛ばそう!」などもあわせてご覧ください。

また、カビが原因の肺炎になることもあります。「夏型過敏性肺臓炎」という病気があります。Trichosporon cutaneumというカビが原因で、アレルギー反応によって肺炎を起こします。「夏型」ですから、4月~8月ぐらいに多いです。この病気も家のカビが原因ですから、入院すれば治りますが、家の環境を変えないと退院してもまた肺炎になってしまいます。

室内が埃っぽく、掃除をしても咳が出る場合……ダニ・ホコリ

ダニはアレルギーに大敵です!
ダニ、ホコリは、様々なアレルギーの病気を起こします。喘息、アレルギー性鼻炎、アトピーを起こすこともありますので、ダニ・ホコリ対策は重要です。

引越しで、荷物についたホコリが飛んだだけでも、咳き込みは起こります。そのため、マスクをして、荷物を動かすことが大切になります。ダニは湿度が高くて、高温が大好きですから、湿度を落とすこと、花粉や黄砂と違って、換気が大切です。

まずは換気、掃除をしましょう。詳しくは「梅雨に向けてのダニ対策」「梅雨でもアトピーを吹き飛ばそう!」「天敵のダニ一掃! 頼れる掃除機の選び方」などをご覧ください。

新しい集団生活後に咳が止まらなくなった場合……百日咳・風邪など

■百日咳
新学期で入学してからや、新しい会社に入社してから突然しつこい咳が止まらなくなった場合や、周りの人も同じような咳をしている場合、百日咳菌(Bordetella pertussis)という細菌が原因の場合も考えられます。百日咳を予防するために、DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)という三種混合ワクチンをしているわけですが、時間が経つと、抗体が低くなり、百日咳にかかってしまいます。百日咳が疑われたら、血液検査で確定診断が可能です。

疑わしい症状がある場合は、百日咳かどうか医療機関を受診して検査をうけましょう。詳しくは「咳が続く……喘息?それとも百日咳?」をご覧ください。

■風邪
また、季節の変わり目でもある春は、咳、鼻を中心にしたライノウイルスによる風邪が流行する季節でもあります。ただの風邪の場合は2週間ほどで咳、鼻の症状は落ち着くことがほとんどです。もし風邪にしては長い場合は、医療機関を受診しましょう。

新築の家への引越し後に咳が続く場合……シックハウス症候群

室内には様々な化学物質が使われています
建築物には、化学物質が使われています。新築の住宅や改装工事後、住宅建材や防腐剤から発生する揮発性化学物質などが原因で、住宅(ハウス)によって体調不良や健康被害(シック(病気))を引き起こす病気です。ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、ベンゼン、家の接着剤・木材の防腐剤・防虫剤・防蟻剤などが原因になります。

対策としては、まずは換気をすることです。詳しくは「家が原因?「シックハウス症候群」」をご覧ください。

咳がいつでもどこでも止まらない場合……咳喘息・アトピー咳嗽

■咳喘息
咳喘息は、喘鳴がなく、慢性に咳だけが続く病気です。詳しくは「ゼイゼイ言わない喘息症状? 咳喘息とは」をご覧ください。

■アトピー咳嗽
アトピー素因のある人が、痰のからまない咳を1ヶ月以上していたら、それはアトピー咳嗽かもしれません。「咳反射」の感度が亢進しすぎて、ちょっとしたことで咳をしてしまうのが、この病気です。詳しくは「1ヶ月以上続く咳は「アトピー咳嗽」?」をご覧ください。

咳の原因をあきらかにするのは簡単ではありません。季節や天候、家に原因がある場合だけでなく、病気がひそんでいることもあります。咳が長引く場合は医療機関を受診し、適切に対処していくようにしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項