マンションの耐震構造問題で、建物そのものの安全性が問われています。アトピーにとって、気になるのは耐震性だけではありません。

アトピーの原因の一つに、環境要因があることは以前説明しました。多くはダニやホコリですが、意外と家そのものに原因があることもあるのです。今回は、建物そのものがアトピーの原因になる「シックハウス症候群」について説明します。


「シックハウス症候群」とは?

室内に科学薬品?
家には様々化学薬品が使われています
新築の住宅や改装工事後、住宅建材や防腐剤から発生する揮発性化学物質などが原因で、住宅(ハウス)によって体調不良や健康被害(シック(病気))を引き起こします。



「シックハウス症候群」の症状

咳
皮膚炎だけでなく、目と鼻の症状が出ます。
主な症状は次のとおりです。
  • 頭痛
  • のどの痛み
  • 目の痛み・かゆみ

  • くしゃみ・鼻水・鼻づまり
  • 嘔吐
  • 咳・痰

  • めまい
  • 皮膚炎・湿疹・じんましん

  • など



「シックハウス症候群」の原因は?



様々な化学物質が言われています。具体的には
  • ホルムアルデヒド
  • トルエン
  • キシレン

  • ベンゼン

  • など

これ以外にも、家の接着剤・木材の防腐剤・防虫剤・防蟻剤などが考えられます。ホルムアルデヒドなどは現在、改正建築基準法で規制されています。


次のページでは、対策とアトピーとの関係をご紹介します。