影響力を与える人を利用するマーケティング:インフルエンサー・マーケティング

インフルエンサー・マーケティング
芸能人など影響を与える人(インフルエンサー)を広告塔にすることにより爆発的なヒットが望める!
今は巷にモノやサービスが溢れ、いくらいいモノやサービスを提供したとしても売れるとは限りません。そこでいかに多くの消費者に商品やサービスの良さを知ってもらうかが、鍵になるのですが、ビリーが実際に成功したように、消費者に影響を与える芸能人などのオピニオンリーダーやインフルエンサーと呼ばれる人達を利用して商品の評判を広めるというマーケティング戦略を実行することにより爆発的な売上の向上が見込めます。

このような有名人を利用したマーケティング戦略は資金力の豊富な大企業のみが行える特別なものと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は資金力に乏しい小規模の企業も不可能なことではありません。実際にビリーも事業を始めた当初は資金力のない小さなトレーニングジムでしたし、日本においても個人経営の食堂などが、芸能人が利用する店として、その実績をアピールするなど同じようなテクニックを活用しています。また、よく新聞や雑誌で“芸能人の○○も愛用”といった注意を惹く広告をご覧になった人も多いでしょう。

このように、ビリーの事例が示すように、消費者に対して価値のある商品やサービスを提供しているのに、なかなか売上が上がらない場合は、多くの消費者に影響あるオピニオンリーダーやインフルエンサーに利用をしてもらう努力を行って、その影響力を利用し、口コミで売上を上げていくマーケティング戦略も有効に機能するのではないでしょうか。


【参考サイト】(記事中のデータについては以下のサイトを参照。)
ショップジャパン

【マーケティング記事人気ベスト5】
【1位】セレブ専用!黒いトイレットペーパーが上陸
【2位】売行好調なのに業績が悪化するその訳とは?
【3位】新0円ビジネス!コーヒー無料の自販機登場
【4位】缶コーヒー1本10円!激安自販機のカラクリ
【5位】高級シャンプー戦争再燃!果たして勝者は?

【役立つ情報満載のメルマガをどうぞ!】
記事の更新情報やマーケティングに役立つコラム、書籍など有益な情報満載のガイドメルマガがお陰さまで大好評です!この機会に是非ともご登録下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。