<関連記事>
マクドナルドのプレミアムコーヒーを無料にする合言葉とは?

無料でカップコーヒが飲める自動販売機

新0円ビジネス
仕事の息抜きに一杯のカップコーヒー。それがもし無料だとしたら・・・
仕事で疲れた……そんな時に気分をリフレッシュするために、自動販売機のカップコーヒーを飲みながらほっと一息つく人も多いのではないでしょうか。通常は1杯100円前後のカップコーヒー。それが無料で飲めるとしたら、あなたはささやかな幸せを感じると思いませんか?

実は2007年6月下旬からこのカップコーヒーが無料で飲める自動販売機が登場します。その名も「メディカフェ」。

このメディカフェを提供するのは、東京でメディア事業を展開するウィル・ビー。同社は自販機大手のアペックスと提携して、アペックスが設置している全国35000台以上のカップコーヒーの自動販売機を利用して、最大割引時に無料でカップコーヒーが飲めるメディカフェを展開すると発表しました。

もちろん、アペックスの設置する35000台全ての自動販売機で無料のカップコーヒーを注文できるわけではありません。6月下旬からはそのうちのいくつかの自動販売機で、無料のカップコーヒーが楽しめるようになります。

無料だけど品質に劣るのでは?

「カップコーヒーが無料で飲めるのはいいけど、品質が非常に悪いのでは?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。そんな心配はご無用。このメディカフェで提供されるカップコーヒーは、イタリア仕立てのエスプレッソ専用のブルワーを搭載。カップコーヒーとは思えない本格的なカプチーノやカフェラテが楽しめます。

「それじゃあ、なぜそんな質の高いカップコーヒーが無料に? タダより高いものはないと言うし、何か裏があるのでは?」という新たな疑問も湧いてくるでしょう。やはり慈善事業ではないので、企業とするとどうにかして売上を立てて儲けを出さなければいけません。果たしてどのようにしてビジネスを成立させるのか?