発明者はジョン・ぺンバートン

アメリカ国民一人あたり、1週間で3.5リットルが飲まれているといわれるコカ・コーラである。この誕生の経緯をみながら、その成功の秘訣を探ってみたい。

コカ・コーラの発明者は、1831年にジョージア州で生まれたジョン・ぺンバートン(John Penberton)である。漢方医科大学に学び卒業後にアトランタで薬局を開業する。その後、南北戦争に参加しサーベルで切られて、その傷がもとでリューマチ になる。戦後,アトランタで薬局を開くが、72年に破産。74年と78年に火災に遭い、在庫の殆どを焼いてしまった。

借金を払い終えると、新薬の開発に取り組んだ。そこそこヒットするが、彼の求める内容のものでなく、悩んでいると当時話題になっていた「奇跡の植物」コカが目に止まった。南北戦争のキズの痛みのため、モルヒネを常用していたペンバートンは、当時モルヒネ中毒を救うといわれていたコカインに関心があったのである。

偶然のヒント

ワインにコカの成分を溶かし込んだ薬用酒がヨーロッパで大ブームになっており、これを真似し、コラの実から抽出されたカフェインを加え、「フレンチ・ワイン・アンド・コカ」を開発した。これは1週間で1000杯近くも売れる大ヒット商品になった。

これで順調に行きそうであったが、19世紀終盤に起こった禁酒運動により、禁酒用飲料の開発を続けることとなる。そのような中、ソーダ・ファウンテン(19世紀末のアメリカで薬局に併設され流行って入いた炭酸水売場。のみ薬や飲料水を調合して飲ませてくれた。)の店主が、ペンバートンの作った原液に水と炭酸水を間違えてお客に出してしまった。

これが好評で、後にコカコーラと言われるものを完成させるのである。この新しい炭酸飲料は1杯5セントで発売され、さらに大ヒットとなった。1886年のことである。

そして次ページのようにザ・コカ・コーラ・カンパニーが設立された。