広告業界、どんなフローで仕事をするの?

説明画像

広告業界の肩書きについてよく耳にするようになった。違いはどこにあるのだろうか。

最近、アートディレクターやグラフィックデザイナーといった広告業界の肩書と役割の違いなどの言葉もよく耳にするようになった。今回は、これら広告業界の肩書と基本的な役割について簡単に説明していきたい。

はじめに、広告業界の仕事の進め方の一例をご紹介したい。まずクリエイティブディレクター(CD)がリーダーとなり、クリエイティブコンセプトを決めていく。この過程においてアートディレクター、コピーライター、CMプランナーも一緒に考えていくことが多い。決定したコンセプトをもとにアートディレクターがキービジュアルと呼ばれるメインのデザインを決めることもあれば、アートディレクターとCMプランナーが同時に考え始めることもある。コピーライターはキャンペーンの顔となるメインコピーを作るという意味で、コンセプトを作る過程からガッチリと入るケースも多い。最近ではクリエイティブとウェブ領域、プロモーション領域、メディア領域をより密接に考えるケースが増えているが、どのような形で仕事を進めていくのかは案件やCDのやり方ごとで異なるのだ。

それぞれの肩書と、それぞれの役割について詳細に説明しよう。

アートディレクターとは?

最近よく使われるアートディレクターという役職。まず、アートディレクターの役割について説明しよう。

アートディレクターとは、デザインの全体的な方向性や大まかなデザインを作ることが多い。デザインについての基礎知識や感性が必要なのはもちろん、実際に手を動かすデザイナーから良いデザインを引き出すためのオリエン(説明)能力が求められる。ここでいうオリエン能力とは、単にわかりやすい説明ということではなく、感性を伝えるための表現も含む説明能力のことだ。

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーとはアートディレクターとは違い、自らデザインする人たちだ。中にはイラストレーターの役割まで担う人もいる。アートディレクターがデザインの全体的な方向性や大まかなデザインを作ったり、グラフィックデザイナーから出てきたデザインを監修することが多いのに対して、グラフィックデザイナーとは自らの手でデザインを作るため、職人的な仕事と言っても良いだろう。ポスターデザインでも、数ミリ単位の文字バランスにこだわったり、微妙な色にまでこだわることは往々にしてある。広告会社に所属していることもあるが、フリーで活動したり、デザインプロダクションに所属している人も少なくない。

コピーライターとは?

コピーライターとは、クリエイティブコンセプトを基にキャンペーンの根幹となるコピーを書く人のことだ。メインのコピーだけでなく、ボディコピーまで書くことも多い。多くの場合、広告会社に所属するが、中にはフリーで活動している人もいる。アートディレクターとも、CMプランナーとも連携しながら仕事を進めることが多い。

CMプランナーとは?

CMプランナーとはCMの企画を作る人のことだ。簡単に言えば、絵コンテを書いて、CMの筋を作る役割と言っても良いだろう。多くの場合、広告会社に所属しているが、中にはフリーで活動している人もいる。CMプランナーが出したCM案は、クリエイティブ全体を統括するクリエイティブディレクターも了承しなければならない。CM案が確定すると、それを演出する監督が、実際の撮影に向けて演出を詰めていく。詰められた演出を現場の大道具、小道具などの美術、撮影香盤(スケジュール)に落としていくのがCMプロダクションである。

クリエイティブディレクターとは?

クリエイティブディレクターは略してCDと呼ばれることが多い。約20~30年前、広告がかっこいいとされた時代には、コピーライターとともに人気肩書となったことで記憶している人も多いかもしれない。クリエイティブディレクターの役割は、クライアントの抱える課題やビジョンをクリエイティブで解決するための司令塔的なものだ。広告主だけでなく、広告会社の営業責任者、マーケティング担当者などと連携することも多い。最近では、クリエイティブディレクター自身が広告キャンペーン全体の取りまとめ役となることも多く、企業の経営者との対話によって、企業のブランド策定により深く関わるCDも増えている。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。