唐揚げ(衣揚げタイプ)のレシピ・作り方 カリッとジューシーに揚げる!

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずから揚げ

 

から揚げをカリッとジューシーな食感に揚げる

鶏のから揚げには、大きく分けて、下味をつけた鶏肉に片栗粉やコーンスターチ、小麦粉などの粉類をまぶして揚げるものと、衣をつけて揚げるものの2通りがあります。

粉揚げは軽い揚げ上がりになります。衣揚げの方は、表面は歯応えのあるカリッとした食感に、中の肉はジューシーに揚げ上がります。加えて、ボリュームも出て、粉だけのものよりも油が汚れません。

今回は、衣揚げタイプの鶏のから揚げを作ります。

鶏のから揚げの材料(2~3人分

主材料
鶏もも肉 360g
下味
小さじ1/3~1/4
こしょう 少々
醤油 大さじ1
小さじ2
砂糖 小さじ1
生姜 すりおろし小さじ1/2
ニンニク すりおろし小さじ1/2
ねぎ 長ネギの葉10cmぐらい
ご飯 一口分
1/2個
ごま油 小さじ1
片栗粉 大さじ5
薄力粉 大さじ1
その他
揚げ油適量
キャベツ 付け合わせ
レモン 付け合わせ
鶏のモモ肉を1枚半使用しました。2人でたっぷり食べられるくらいのから揚げが出来上がります。

鶏のから揚げの作り方・手順

から揚げ

1:モモ肉の下処理

モモ肉の下処理
モモ肉をまな板の上に広げ、スジを切り、分厚い部分を切り開いて、厚さをそろえる。

2:鶏肉に下味をつける

鶏肉に下味をつける
40gぐらいに切ってボウルに入れ、塩、こしょう、酒、醤油、砂糖、生姜、にんにく、長ネギの青い部分を加え、手でもみ込んで5~10分置く。
塩の分量は、小さじ1/4強(1/3弱)

3:ご飯、卵、ごま油を混ぜる

ご飯、卵、ごま油を混ぜる
長ネギを取り除き、ご飯、卵、ごま油を加えて混ぜる。
ご飯の多少の増減は問題なし。

4:片栗粉と薄力粉を混ぜる

片栗粉と薄力粉を混ぜる
片栗粉、薄力粉を振り入れて混ぜる。

5:揚げる

揚げる
170℃で入れて、衣に火が通ったところで少し弱めて中まで火を通し、最後に強火(180℃)にして、からりと揚げる。
2度揚げしてもよい

6:衣をゴムべらで寄せる

衣をゴムべらで寄せる
ゴムべらで衣を寄せながら、残さず揚げる。

7:盛り付ける

盛り付ける
油を切って皿に盛り付け、角切りにしたキャベツとレモンを添える。

ガイドのワンポイントアドバイス

衣揚げタイプの鶏のから揚げは、外側の衣がカリッとしていて、中の肉はふっくらジューシーです。衣にごはんを少量加えてみました。カリカリ感が強く出て、その食感が長続きするようです。家庭では、手軽な粉揚げタイプのから揚げを作る機会が多いかと思いますが、次回は、衣揚げバージョンを試してみませんか。粉揚げよりも、油汚れが少ないところも魅力の作り方です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。