いつ・どこで・なぜ落花生を撒くようになったのか?

雪国では鬼も大変?豆まき事情も変わるのです…
北海道、東北、信越地方ではもはや節分の風習として定着し、スーパーでも落花生が並ぶのが当たり前だそうですが、伝統的な大豆から落花生に変化したのは「昭和30年代、北海道から」(全国落花生協会)だそうです。

なぜ北海道なのか? 開拓文化で物事を合理的に考える道産子は、「雪の中でも落花生なら拾いやすい」「食べ物が粗末にならない」「大豆は夏の豆だが、落花生は秋冬の豆。カロリーも高いので寒い地域で好まれる」などの理由から落花生を撒くようになり、それが雪の多い東北や信越地方にも広がっていったようです。

鹿児島県や宮崎県でも落花生を使う方が多いのは、「鹿児島に落花生の産地があるから」という説が有力でした。

また、「掃除しやすい」「無駄にならない」「小さい子がいるから大豆より安心」などの理由で落花生を用いる家庭も全国的にちらほら。これはそういったおすすめ情報によるものと思われます(ガイド自身、そういう情報をメディア発信したことがあります)。

これで、最初に登場したAさん夫妻のやりとりにも納得がいきました。Aさん夫は北海道出身です。

何これ?……はい、節分ですから。
ちなみに、北海道ではチョコレートなどのお菓子を撒くのも人気だとか。開拓精神が息づく文化背景が、次々と新しい“波”を起こしているようです。

■こちらも新しい“大波”です
「恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明」
■やはり、伝統は大事にしてください
「豆まきの作法」


< おすすめ関連記事 >
鬼は外?内?…節分の豆まきと珍風習
リビングに映える、節分の和モダン飾り
節分の豆の食べ方…福茶でhappy!
意外と知らない二十四節気のいろは

暮らしの歳時記トップ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。