ちなみにラムはサトウキビの絞り汁を煮詰めて、砂糖を結晶させた後の糖蜜を原料として、発酵、蒸溜、熟成させてつくられる。
デメララ・ラムとは、南米はガイアナという国のデメララ川沿いで発酵、蒸溜したものだ。
有名なものにレモン・ハート・デメララがある。古谷三敏の漫画『レモンハート』のタイトルはこのラムから取ったものだ。


『Bar Day Break Tokyo』にはラムが100種類ほどあり、なかには希少品もある。
そんなラム好きの船木氏が客によくすすめるウイスキーはジョニー・ウォーカー黒ラベルだ。
「ウイスキーを飲み慣れていない方が、水割りやソーダ割りで飲んでみたいとおっしゃった時、ブレンデッドウイスキーをおすすめします。いちばん多いのがジョニ黒ですかね」
船木氏自身も好きなウイスキーのひとつだという。


それで喜ばれれば、同じジョニー・ウォーカーでもブルー・ラベルや1820スペシャルブランドといった酒質の高いものをすすめ、また他のブランドをすすめていく。
こうしてウイスキー・ファンを地道に育てていっている。


店は目黒駅西口を恵比寿方向に歩いて2、3分の距離。ビルの2階にあり、スタンダードなつくりのバーだが、肩の凝らない接客をする柔らかい空気がある。
オーナーの船木氏も三十半ば前で、ふたりのスタッフも若い。気軽に立ち寄ってカクテル、ウイスキー、ラムと味わってみるといい。朝5時まで営業というのも有り難い。

Bar Day Break Tokyo
東京都品川区上大崎2-17-5 デルダンビル2階
Tel.03-3494-8819 18:00~5:00 無休
チャージ¥500 ウイスキー¥800~(ジョニ黒¥900、ジョニー・ウォーカー1820¥1,300) デメララ・ラム¥1,200 カクテル¥800~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。