エーゲ海の白砂の浜辺

店内

エーゲ海の風がそよぐ店内

何で紹介されていたかは忘れたが、たしかこんな一文だった。『Bar Adonis』に一歩踏み入れると、渋谷の喧噪からかけ離れた、Gentle Breeze(優しいそよ風)を感じさせるしなやかで落ち着いた空間が広がっている、といった内容だった。たしかに言い当てている。
鈴木健司氏の『アドニス』は渋谷のBunkamura(東急文化村)に近い、文化村通りをはさんだ東急百貨店本店の対面の居酒屋をはじめ飲食店が各階に入ったビルの9階にある。エレベーターで上がり、扉が開くと、街の喧噪が嘘のようだ。
“エーゲ海の風”をコンセプトにした白を基調にした内装で、カウンターも白の大理石。カウンターは癒しの白い珊瑚礁、寛ぎの白砂の浜辺のようだ。

さてその『アドニス』でわたしは「ミントジュレップ」を味わう。バーボンウイスキー、スペアミントの生葉、シュガー、クラッシュドアイスが一体となったクール&スイートの世界に酔う。鈴木氏のミントジュレップを飲めば、渋谷の町にクールなジェントル・ブリーズが吹きわたる。

ジムビームとメーカーズマークのミントジュレップ

ジムビームミントジュレップ

ジムビームミントジュレップ

クリアな爽快さを求めているときは「ジムビームミントジュレップ」。爽快さにふくよかな甘みを欲しているときには「メーカーズマークミントジュレップ」を飲む。
ジムビームは、クリーンで穏やかなバーボン樽のニュアンスを抱いた軽やかな甘さと、キレのよい後味が特長的だ。鈴木氏はシルバーのジュレップカップに「ジムビームミントジュレップ」をつくってくれる。ストローはつけない。
ストローで飲むと、ジムビームのキレがミントと相まって辛口というかスパイシーな印象が強くなってしまうからだ。
ジュレップカップに口をつけ啜ると、清涼感あふれる柔らかい甘さが心地よく口中に広がる。そのクールさは水辺の安らぎに憩う感覚に似ている。

メーカーズマークミントジュレップ

メーカーズマークミントジュレップ

もうひとつ、「メーカーズマークミントジュレップ」はジュレップカップではなく、コリンズグラスにつくる。こちらはグラスのクラッシュドアイス上部にスペアミントの葉とともにオレンジスライスが飾られている。そしてストローも添えられている。
メーカーズマークは原料の一部に小麦を使い、ふっくらとした甘みのあるスイート&スムーズな風味を特長としたプレミアムバーボンだが、オレンジジュースとの相性が素晴らしくいい。メーカーズマークのオレンジ割りを好む人はとても多い。
鈴木氏が「メーカーズマークミントジュレップ」にオレンジスライスを加える理由もよくわかる。飲んでいる途中、ストローでオレンジスライスをスペアミントが佇むグラス底部に落とし込んでみる。
これをストローで吸い込むと、ミントのクールな感覚とともに見事に調和したメーカーズマークのふくよかな甘みとオレンジの甘みが口中で浮遊する。しなやかさがある。

鈴木氏

ミントジュレップをつくる鈴木氏

鈴木氏のミントジュレップは是非飲んでいただきたい。さらにはこれから秋になり、寒い季節に突入する。冬には鈴木氏のつくる「アイリッシュコーヒー」をはじめとしたホットカクテルがおすすめだ。つくり方を眺めているだけでも楽しい気分になれる。
渋谷に出かけたら『バー・アドニス』に行こう。(撮影/すべて川田雅宏)


BAR Adonis
東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー9階
Tel.03-5784-5868
18:00~2:00 不定休
ウイスキー¥800~、カクテル¥1,200~、ジムビームミントジュレップ¥1,300、メーカーズマークミントジュレップ¥1,400、チャージ¥1,000

関連記事

赤坂『バー・ティアレ』水澤泰彦のカクテル
神楽坂『サンルーカル・バー』新橋清
銀座『スペリオ』の酔い心地
銀座『BAR ANTHEM』
ベリーニの至福はいまだけ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。