しっとりと落ち着いた古い町並みの散策へ

高山・上三之町

高山・上三之町の古い町並み(2004年7月撮影)

敬老の日の旅におすすめする名所、続いてのテーマは「古い町並み」です。

残暑も一段落したこの頃になると、ちょっとした散策も苦にならなくなりますね。国内には様々な歴史を持つ古い町並みが各所に点在していますので、近郊であれば日帰りで、遠い所ならどこかに宿泊を絡めて古い町並みを訪ねてみるとよいでしょう。

 

大内宿

会津西街道の宿場町、大内宿(1999年9月撮影)

古い町並みといっても、いろいろな時代の町並みがありますね。江戸時代の町並みで、まず思い浮かぶのが宿場町です。

大内宿(福島県)、海野宿(うんのじゅく、長野県)、奈良井宿、妻籠宿(つまごじゅく、長野県)、馬籠宿(まごめじゅく、岐阜県)、新居宿(静岡県)、関宿(三重県)などに当時の面影を残す町並みが残っています。

 

白川郷・合掌造りの家

白川郷・合掌造りの家(2004年7月撮影)

また商家の町並みでは、高山・上三之町(岐阜県)、脇町(徳島県)、内子(愛媛県)などがよく知られています。

古い町並みという点では、世界文化遺産にも登録された白川郷(岐阜県)、五箇山(富山県)といった合掌造りの家が点在する風景を訪ねるのもよいでしょう。

 

門司港駅

門司港レトロの象徴・門司港駅(2006年1月撮影)

他の時代に着目すると、平泉(岩手県)は平安時代に栄華を極めた藤原氏の遺産が数多く残る場所になります。

明治以降では、レトロな港町の雰囲気が味わえる門司港(福岡県)、函館(北海道)、横浜・山手の西洋館(神奈川県)、数多くの洋館が残る弘前(青森県)、蔵のある町並みが続く川越(埼玉県)、大正ロマンあふるる銀山温泉(山形県)など、多数の名所が揃っていますよ。

 


敬老の日の旅におすすめする名所をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。一部の名所については詳しい記事でもご紹介しています。秋分の日との間に休暇をプラスすると長めの連休も確保可能ですので、のんびりと旅を楽しんできてください。


<秋の花めぐりの関連記事>
◆コスモス ◆彼岸花(曼珠沙華)

<一足早い紅葉の関連記事>

<古い町並みの関連記事>
《北海道》
《東北》 《関東》
《甲信越》
《東海》 《近畿》
《四国》
《九州》

「秋の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで秋に楽しめる名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。