山形の地図
今回の行き先は、【山形】
大正ロマンに思いを馳せる、山形・文翔館
江戸から明治、大正と時代が進む際に日本に流れ込んだ西洋の文化。この影響で、日本各所に西洋建築がたくさん作られました。

多くの建物は、時代の流れと共に消えていきましたが、弘前(青森県)鶴岡(山形県)など、東北地方には明治時代や大正時代に建てられた古い洋館を大事に保存している所がいくつかあります。

今回は、そんな古い洋館を大事にしている東北の町から山形県の県庁所在地、山形市にある文翔館(ぶんしょうかん)をご紹介します。大正時代の息吹を感じることができる素敵な洋館ですよ。

大正時代の県庁舎が現代によみがえる

文翔館(1)/全景
文翔館・旧県庁舎の全景を道路の向かい側から撮影。山形県の県庁舎として1975年まで現役で使われていました(2003年9月撮影)
文翔館Yahoo! 地図情報)は、1916年(大正5年)建造の建物。山形県の県庁舎として建てられ、以来1975年(昭和50年)までの約60年間、県庁の仕事がこの建物の中で行われました。

文翔館(2)/門より
文翔館の門より。イギリス・ルネサンス様式をベースにしたレンガ造りの旧県庁舎を見ていると、ここが日本国内であることを忘れてしまいそう。
山形市郊外に作られた新しい県庁舎に県庁の機能が移転した後も、この建物は解体されずにそのまま残ります。

1984年(昭和59年)になって隣にあった県会議事堂と共に国の重要文化財に登録されたことがきっかけで保存の運気が高まり、傷んだところを修理する工事が約10年かけて行われました。

晴れて1995年(平成7年)に山形県郷土館・文翔館として開館、今では山形の観光名所の一つとして、たくさんの人が訪れる名所となっています。

実際に訪れてみると、広い空間にたたずむその建物の大きさにただ圧倒されるのみ。建物の全貌を一目で見渡すためには、道路をはさんだ向かい側まで行かなければなりません。門の前に立ってみると旧県庁舎の正面玄関と文翔館のシンボルとも言うべき時計塔が見え、本当にここは日本国内?と錯覚を起こしてしまいそうな風景です。

外観・室内共にあふれる大正ロマン

文翔館(3)/玄関
文翔館・旧県庁舎の玄関。レンガ造りの建物と時計塔が美しい調和を見せています。
現在の文翔館は、建物の中に入って大正時代当時の雰囲気を復原した部屋を見学できたり、復原工事にまつわる資料や山形県に関する様々な情報を知ることが可能な施設となっています。見学は無料です。

正面玄関を入ったフロアが2階。正面からはわからなかったのですが、旧県庁舎には中庭があって、その中庭を囲むような形で建物が建てられています。

受付でパンフレットを頂いて、各階の部屋を順次見学していきます。ガイドが訪れた時は、文翔館に常駐されているボランティアガイドの方にいろいろお話を伺うことができました。

文翔館(4)/旧県庁舎の正庁、貴賓室
文翔館の素敵な部屋たち。大正時代の雰囲気を忠実に再現しているとのこと。
階段で2階から3階に上がると玄関の真上にあたる位置に「正庁」と呼ばれる部屋があります。ここにはベランダがあり、時計塔を真下から見上げることができます。

また同じフロアには貴賓室や知事室がありますが、当時の家具を復原して配置したのはもちろんのこと、一部の部屋ではじゅうたんやカーテン、壁紙に至るまで大正時代のままに復原したとのこと。

部屋のシャンデリアや丸い鏡の鏡台といい、まさに大正ロマンの雰囲気を味わえる素敵な場所ですね。

たくさんある部屋の一部は会議室やギャラリーとして貸し出されていますので、訪れた日によってはギャラリーの展示も楽しめることが可能です。

旧県会議事堂との美しい対比

文翔館(5)/旧県会議事堂
赤いレンガの色が印象に残る旧県会議事堂。右手奥にあるのが旧県庁舎(2003年9月撮影)
旧県庁舎の隣にある旧県会議事堂とは、廊下でつながっています。こちらも見学は無料。2階と1階に県議会に関する展示があって、議場は多目的ホールとして使われています。

建物の外から見てみると、旧県会議事堂が赤いレンガで造られていて、灰色のレンガで造られた旧県庁舎と好対照の印象を受けます。広々とした空間の中にたたずむ歴史ある2つの建物は、これからも訪れる人の記憶に残り続けることでしょう。


大正ロマンに思いを馳せることができる山形・文翔館のご紹介、いかがでしたか?歴史ある建物の見学は、季節を問わず楽しめますので、山形を訪れた際には、ぜひ文翔館に立ち寄ってみて下さい。

山形・文翔館へのアプローチ

山形新幹線「つばさ」
東京と山形・新庄をダイレクトに結ぶ山形新幹線「つばさ」
  • 地図:Yahoo! 地図情報
  • 公共交通機関の場合
    <JR>
    山形新幹線「つばさ」で山形駅下車。山交バスで山形市役所前バス停下車。山形駅から徒歩でも約20分。
  • 車の場合
    山形自動車道 山形蔵王インターチェンジより、山形市役所への案内に従う。
    文翔館周辺に駐車場が点在しています。

    【関連サイト】
  • 文翔館(WEB山形十二花月・山形市観光協会)
    ◇「名所・旧跡めぐり」ガイドの山形周辺に関する他の記事はこちらです。
  • エメラルドグリーンの湖・蔵王お釜【宮城】
  • 城下町の面影残る鶴岡の洋館めぐり【山形】
  • 銀山温泉で大正ロマンを満喫しよう【山形】
  • 米どころ酒田で歴史ある建物めぐり【山形】
    「名所・旧跡めぐり」では、毎月2回(14日、28日頃)メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムが読めたり、ガイドお薦めの記事がわかります。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。バックナンバーも下記より読むことができますよ。
  • 「名所・旧跡めぐり」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

    たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。