秋ならではの曼珠沙華(彼岸花)の名所、埼玉県日高市の巾着田へ

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉があるように、日が過ぎるごとに暑さが和らいでいく9月。彼岸の頃に咲く彼岸花は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれ、独特の形をした真っ赤な花が咲くことでも知られています。この彼岸花が群生して咲く場所が、都内から電車で1時間ほど揺られた所にあるのをご存じでしょうか。

今回は、埼玉県日高市にある曼珠沙華(彼岸花)の名所、巾着田(きんちゃくだ)をご紹介します。


<目次>
 

妖艶な赤い曼珠沙華(彼岸花)が一面に咲き誇る!見頃は9月中旬から下旬

巾着田の曼珠沙華

真っ赤に咲き誇る巾着田の彼岸花。日本最大級の彼岸花の群生地です(2013年9月28日撮影)

巾着田Googleマップ)は、埼玉県南西部に位置する日高市にあります。
 

巾着田の案内図

巾着田の案内図。巾着の形と彼岸花の咲く場所が一目でわかります(2015年9月18日撮影)

日高市内を流れている荒川水系の高麗川(こまがわ)は、西武鉄道 高麗(こま)駅の近くで大きくカーブを描いています。近くの山から見るとちょうど和装で小物を入れるのに使う巾着のような形をしていたことから、巾着田の名前が付けられたとのこと。地図を見てみると巾着田の形がはっきりとわかりますね。

巾着田の曼珠沙華(3)

高麗川にかかるドレミファ橋の対岸から彼岸花が咲くスペースを望みます。川岸が真っ赤に染まるさまがよくわかります(2013年9月28日撮影)

川岸に沿って真っ赤な彼岸花の群生地があり、開花時期になると妖艶ともいうべき赤い花で巾着の袋にあたる川岸がぐるっと覆われます。この美しい風景を求めて、たくさんの観光客が訪れるようになったことから、彼岸花が咲くエリアが「巾着田曼珠沙華公園」として整備されました。

巾着田の曼珠沙華(4)

彼岸花の咲いているスペースを縫うように遊歩道があり、ゆっくり散策できます。時折見られる白い彼岸花が赤を引き立てますね(2013年9月28日撮影)

巾着田にあった彼岸花の説明板によると、彼岸花は種ではなく球根から花を咲かせるタイプの花なので、群生するためには球根が一定の場所に集まらなければならないとのこと。

上流から流れてきた球根が川の流れに乗って巾着田に行き着いたなど諸説あるようですが、長い時間をかけて自然が作り出した彼岸花の群生地としては、日本最大級の広さで見応え十分です。

巾着田の曼珠沙華(5)

対岸へ渡るあいあい橋の下に咲く彼岸花。まさに赤いじゅうたんのようです(2013年9月28日撮影)

彼岸花の数は全部で500万本にも及びます。例年は秋の彼岸にあわせて花が開花し、9月中旬から下旬が見頃になります。エリア全体で一気に花が咲く訳ではなく、早咲きと遅咲きのエリアに分かれて花が咲きますので、巾着田のWebサイトで開花情報を確認しておくと良いでしょう。
 

コスモスが彩りを添えてくれることも(要確認)。見頃時期は9月下旬から10月上旬

巾着田のコスモス(1)

巾着田の袋の中にあたる部分に現れるコスモス畑(2005年9月25日撮影)

秋の巾着田のもう一つの楽しみがコスモス。彼岸花より若干見頃が遅く、9月下旬から10月上旬が見頃となります。
巾着田のコスモス(2)

コスモス畑の向こうに茅葺きの水車小屋を望む風景(2005年9月25日撮影)

コスモスの開花タイミングが良ければ、彼岸花とコスモスの群生を同時に楽しむことも可能です。ただし、最近ではコスモスの花の量が少なくなり、花畑にならないこともあります巾着田のWebサイトででコスモスの開花情報の有無を事前に確認すると良いでしょう。

また彼岸花を楽しんだ後は、巾着田曼珠沙華公園の中にある売店スペースに立ち寄ってみましょう。日高市内の著名なお店が軒を並べて出店していますので、地元ならではの物を買い求めるのも楽しいですね。
 

曼珠沙華の開花期間中はバーベキューやキャンプは禁止に

春は広大な菜の花畑と桜が咲く風景(例年3月下旬~4月上旬)、初夏には蛍も見られる自然豊かな巾着田。高麗川の河原ではバーベキューやキャンプ、釣りなどのアウトドアも満喫できる素敵な場所です。しかし、彼岸花が開花する9月から10月中旬までの間、巾着田でのバーベキューやキャンプは禁止となりますので注意しましょう。


さて、彼岸花(曼珠沙華)が楽しめる日高の巾着田、いかがでしたか? 都内から1時間ほどで行ける場所ですので、開花した時期を狙って、ふらりと出かけてみて下さい。
 

巾着田曼殊沙華公園の開園時間や入場料

巾着田へのアクセスに便利な西武鉄道

巾着田の最寄り駅は、西武鉄道 池袋線 高麗(こま)駅。
彼岸花の開花時期にあわせて、特急列車の一部が高麗駅に臨時停車します。

地図:Googleマップ

<曼珠沙華・コスモスの見ごろ>
◆曼殊沙華の見ごろの時期・・・9月中旬から9月下旬
◆コスモスの見ごろの時期・・・9月下旬から10月上旬

<巾着田曼殊沙華公園の情報>    
◇住所 〒350-1251 埼玉県日高市高麗本郷125-2    
◇電話番号 042-982-0268    
◇WEBサイト http://www.kinchakuda.com/
◇入場料 1人300円(中学生以下は無料)
 曼珠沙華開花期間中のみ、入場料が必要となります。
◇開園時間 9時00分~16時30分     
 巾着田曼珠沙華まつり開催期間中の時間です。
 (2019年は9月14日~29日開催)
 

日高・巾着田への交通・アクセスと駐車場情報。車の渋滞に注意

西武鉄道 特急「Laview」

斬新なデザインで話題の西武鉄道 新型特急「Laview」の一部も、彼岸花の開花時期にあわせて、高麗駅に臨時停車します

<鉄道>
◇JR東日本 山手線・埼京線 池袋駅→西武池袋線池袋駅→飯能駅(はんのう)乗り換え
 →高麗(こま)駅下車。池袋から高麗までは約1時間。→高麗駅から巾着田へ徒歩15分。 
◇彼岸花の開花時期にあわせて、西武線特急『ちちぶ』『Laview』の一部列車が高麗駅に止まります。
◇東京メトロ副都心線直通西武線→飯能駅→高麗駅下車。
◇横浜、渋谷方面からは、土曜休日のみ運行の有料座席指定列車「S-TRAIN」で飯能まで乗り換えなしで行くことができます。

<鉄道+バス>
◇JR東日本 八高線・川越線 高麗川駅行き→高麗川駅から国際興業バス 高麗駅経由飯能駅行き
 →巾着田バス停下車

<車>
◇関越自動車道 鶴ヶ島インターチェンジ、圏央道 圏央鶴ヶ島インターチェンジから
 国道407号線、県道を経由して巾着田へ。
◇もしくは圏央道 狭山日高インターチェンジから県道で高麗川を経由して巾着田へ。

駐車場は、巾着田の彼岸花が咲くエリアに隣接してあります。
◇駐車場料金 
 ・軽・普通車 1日500円      
 ・オートバイ 1日100円  
休日には、巾着田の前を通る県道沿いの小学校校庭を開放して臨時駐車場が設けられることもあります。
人出がピークと見込まれる日(2019年は9月21日~23日)は、臨時駐車場が設けられる日高市役所、高麗神社から巾着田まで無料シャトルバスが運行されます。


<彼岸花の開花時期は車の渋滞に注意>
なお、巾着田の前を通る県道は片道1車線しかなく、彼岸花の開花時期は車が集中して、周辺道路(県道川越日高線、国道299号線、国道407号線)も含めて5~10km以上渋滞してしまうこともあります。時間に余裕を持ってお出かけ頂くか、車を避けて電車等の公共交通機関の利用を検討してみて下さい。

【関連記事】
【関連サイト】
「秋の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで秋に楽しめる名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
「関東の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで関東地方の名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。