は行(は・ひ)

《ハ》

バークチップ
 ガーデン資材として用いる、樹皮の小片のこと。
主にグラウンドカバーとして用いられる。

パーゴラ
 日本での藤棚のように、人が下を通り抜けられるようにした棚のこと。
つる性植物などを絡めて楽しむ。

パース
 見通し図(透視図・立体図)のこと。
庭のデザインを考える際、このパースを作成することにより、出来上がった庭をイメージすることができる。

バードバス
 鳥の水浴び台のこと。
庭のアクセントとして置いたり、バードフィーダーと共に置き、野鳥を呼び寄せたりする。

バードフィーダー
 鳥の餌台のこと。

バーミキュライト
 蛭石(黒雲母が風化したもの)を高熱処理して、膨張させた人工用土のこと。
水はけ・通気性がよく、パーライトよりも保肥力がある。無菌で軽いのが特徴。中性から強アルカリ性。

パーライト
 真珠岩を高熱処理して膨張させた人工用土のこと。白色の粒で、軽量。
用土に配合することにより、水はけ・通気性がよくなるが、軽いために多用すると土の表面に浮き出てしまう。大粒のものは、軽石のように鉢底土に使われる。中性から弱アルカリ性。

配合肥料(はいごうひりょう)
 単純に単肥を混ぜ合わせた肥料のこと。

走りづる
 ⇒ランナー

バックヤード
 裏庭のこと。転じて、育苗スペースなどの楽屋裏も意味する。
 ⇔フロントヤード

発根促進剤(はっこんそくしんざい)
 挿し木・挿し芽の際に、発根を促進させる一種のホルモン剤。
水あげ後の、挿し穂の切り口につける。

パティオ
 スペイン語で中庭のこと。床面は主に石やレンガ敷きで、壁面は白を基調としている。噴水や壁泉を配したり、コンテナを飾ったりして演出する。

花芽(はなめ)
 ⇒かが

ばらまき
 用土の上にぱらぱらとばら撒くようにする、種のまきかた。
⇒ガイド記事【種から育てる花】

バルコニー
 建物の二階以上の開口部の壁面から、外に張り出した部分のこと。

《ヒ》

ピートモス
 ミズゴケ・シダなどが堆積し、泥炭化したもののこと。
水はけ・保水性・通気性が良く、保肥性もあるので、ベースの土に配合して用いる。強酸性だが、市販のものは中和処理されている。

ピンコロ石
 こぶし大の立方体に整形された石材のこと。
花壇の縁取りなどに用いられる。



あ・い・う  え・お  か・き  く・け・こ  さ行  た行

 な行  は・ひ  ふ・へ・ほ  ま行  や行  ら~わ行