ハーブキャンドルの作り方

ハーブキャンドルの作り方

 

ハーブキャンドルの材料

ハーブキャンドルの材料
ハーブキャンドルの材料
《直径4センチ、高さ3センチのキャンドル3個分の材料》
  • チップ状にしたロウソク…100g
  • ドライハーブ…適宜
  • エッセンシャルオイル…数滴
この他に湯煎用の小鍋、金属カップ(空き缶でも可)、たこ糸、爪楊枝、割り箸、紙カップを準備します。
キャンドルの材料となるロウは、仏事用の大きなロウソクが家に残っていたので、それをカッターで削ってチップ状にしました。手作りキャンドル用のパラフィンやワックスなどはネットでも販売されています。自然素材にこだわる方には、蜜蝋をお勧めします。

ドライハーブは、庭で採れたラベンダーとローズを使用しました。お好みで、いろいろなハーブを使って作ってみましょう。
その他の材料は、すべて100円ショップで調達できます。
キャンドル型には、ケーキ材料のコーナーにあるマフィンカップを使用しました。普通の紙コップやお弁当作りに使うアルミカップなどでもOKです。作りたいキャンドルの大きさによって、材料を加減してください。また、お手持ちのキャンドルスタンドを使いたい場合は、口径を合わせた型を選びましょう。
 

ハーブキャンドルの作り方

湯煎
ロウを湯煎で溶かす
1. 小鍋に湯を沸かし、そこにロウソクのチップを入れた金属カップを入れ、湯煎でロウを溶かします。
 
キャンドルの芯
たこ糸でキャンドルの芯を作る

2. この間に、キャンドルの芯となるたこ糸を爪楊枝に結びつけ、マフィンカップに渡しておきます。(口径の大きいカップを使う場合は、割り箸や竹串を使いましょう)
1.のロウが溶けたら、ドライハーブを入れて割り箸でかき混ぜ成分を抽出させ、好みでエッセンシャルオイルを数滴入れます。
 
型にロウを入れる
型に溶けたロウを入れる
3. ハーブ入りのロウを紙カップに注ぎ入れます。(金属カップが熱くなっているので気をつけて!)
 
型を剥がす
型の紙カップを剥がす。

4. 3.をこのまま冷まし、ロウが固まったら紙カップを剥がします。
 
できあがり
できあがり
最後に芯を整えて、できあがりです。 今回はドライハーブをそのまま閉じ込めましたが、ハーブをキャンドルに残したくない場合は、お茶用パックやだしパックにハーブを入れて、溶けたロウに浸して成分を抽出させるとよいでしょう。
 

なお、高温のロウを一気に型に注いで冷やし固めると、中心部が凹んでしまいます。ロウが溶けたら卓上の保温プレートに小鍋を移しておくと、ロウが高温になりすぎることがありませんし作業も楽です。型に入れるときは、数回に分けて少しずつ注ぎましょう。
 

こんなときは……

ハーブキャンドル
ハーブキャンドル
プレゼント用に作ったのに、中央部が凹んでしまった?!
こんなときは、普通のロウソクに火をつけて、凹んだ部分にロウを垂らして埋めましょう。デコボコができてしまう場合は、ドライヤーの熱風を当てながら割り箸などで表面を平らにならします。

キャンドルに色をつけたい場合は、ロウを溶かすときに削ったクレヨンを混ぜ込むと色がつけられます。また、カラーロウソクや色をつけるための顔料なども販売されていますので、いろいろと試してみても面白いでしょう。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。