リース型ハンギングバスケットの作り方をご紹介

リース型ハンギングバスケットの作り方をご紹介

ガーデニングサイトでは、これまでにも様々なハンギングバスケットの作り方をご紹介してきました。今回は、クリスマスやお正月を意識して、リース型のハンギングに挑戦です!
   

リース型ハンギングバスケットの材料

リース台

市販のライナー付きリース台

  • リース台…植え込み部直径30センチの市販品
  • パンジー、ビオラ…取り混ぜて、3号鉢8株(リースの大きさに合わせて増減)
  • アイビー…根鉢を崩し8本に分ける
  • 培養土
  • 水苔
  • ビニールシート…水抜き穴を開けておく
今回は麻布のライナーがついていたのでそのまま使用しますが、ライナーがついていないリース台を使う場合は、別途麻布を用意するか水苔を敷きつめます。
 

リース型ハンギングバスケットの作り方

ライナーの上に敷いたビニール

ライナーの上に、水抜き穴を開けたビニールを

リース付属のライナーに直接植え込むと土の乾燥が著しいので、ライナーの上に水抜き穴を開けたビニールシートを敷きます。ビニールシートは底面から少し立ち上がるくらいでOKです。
 
培養土を入れる

ビニールシートの上に培養土を入れる

ビニールシートの上に培養土を敷き、下準備は完了です。
 
レイアウト

花苗のレイアウトを決める

次に、用意したパンジー・ビオラのレイアウトを決めます。今回は紅白2色とシンプルなので悩むことはありませんが、多色使いや様々な植物を入れる場合は、通常のハンギングや寄せ植え作りのときと同じように、ポットに植わったままの状態でレイアウトを固めましょう。

レイアウトが決まったら、いよいよ植え込みです。
ポットから苗を取り出してみて、真っ白に根が回っているような場合は底面の根を切って、軽く根鉢を崩します。ただしこの方法は、パンジーやビオラのように根を切られても大丈夫な植物に限ります。通常、花が付いている株の根鉢は、あまり崩さないほうが賢明です。なお、根が回っていない場合は、崩す必要はありません。
 
アイビー植え込み

株間にアイビーを植えこむ

先ほど決めたレイアウト通りに、パンジー、ビオラを植え込んでいきましょう。リースの枠内に入れにくいときは、根鉢を両手で押してちょっと整形すると入れやすくなります。今回は、隙間にアイビーも入れました。

アイビーは、根の周りの土をほとんど落としてしまっても大丈夫。花苗の隙間を埋めるのには、もってこいの植物です。リースには長めのものを使い、細いワイヤーを使ってリース台に留めつけて形を整えます。
 
植えこみ完了

水苔を敷き詰めて、しっかり水やりを

植え込みが完了したら、苗と苗の隙間に培養土を足し、表面には水をしっかり吸わせた水苔を敷き詰めます。リースを寝かせたままの状態で、細口の水差しなどを使い、静かにたっぷりと水やりをしましょう。

苗が落ち着くまで2~3日は寝かせたまま、土が乾いたら水やりをして管理します。その後は、フックで吊り下げて楽しみましょう。なお、水やりの際は下に寝かせた方が、ムラなく水やりできます。
 
完成リース

完成から三日目のリース

花がらをコマメに摘むとともに、全体の形が崩れないようにピンチを繰り返すとキレイな状態を保つことができます。クリスマス用のオーナメントでデコレートしたり、お正月には水引を加えたりして、アレンジを楽しみましょう!

なお、今回はパンジー、ビオラを使用しましたが、ガーデンシクラメンやハボタン、スイートアリッサムなどもお勧めです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。