重曹とは何ぞや?!

重曹
重曹は魔法の粉?
「重曹ってお料理に使うんじゃないの?」とか「最近、お掃除で使うようになったよね?」という方、多いのではないでしょうか。
そもそも重曹とは何ぞや?これがわかれば、なぜ重曹がガーデニングと繋がるのかがわかるはず。
ということで、調査開始!

重曹とは、ベーキングソーダとも呼ばれる粉末状の物。科学的にいうと、弱アルカリ性の性質を持つ炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)の粉ということになります。
この重曹は、古くから胃薬に使用されたり、山菜の灰汁とりや「ふくらし粉」として料理に使用されていたのですが、最近ではこういった使用法ではとんとご無沙汰していた代物です。
胃薬は各メーカーから様々な症状にあわせて各種市販されていますし、ふくらし粉の機能で言えば重曹(ベーキングソーダ)の二倍ほど膨張力のあるベーキングパウダーの方が一般的になってしまったということが、その理由として挙げられるでしょう。

そんな重曹が近年注目されるようになったのは、エコロジーな生活を目指す人が増えたことによります。
また、「汚れ落としに効果アリ!」として各種メディアに取り上げられるようになったのが大きな要因でしょう。
重曹はもともと口に入るものとして使われてきたわけですから、その安全性は○。
そして簡単に家中の汚れが落とせる!ということで「魔法の粉」とまで呼ばれるほど。
重曹やクエン酸といったものを使ったナチュラルクリーニングを取り上げた本も各種出版されていますので、皆さんも一度は試してみたことがあるのではないでしょうか。

テントウムシ
特定農薬に指定されているのは、重曹、食酢、テントウムシなどの天敵の三種

重曹は特定農薬だった!

この重曹、実は※1特定農薬に指定されているのです。
2002年12月の農薬取締法の改正によって登録のない農薬の販売及び新たな製造や使用が禁止されることとなりました。
これによって農作物の防除に使う薬剤や天敵で安全性が明らかなものまで過剰に規制されることのないように制定されたのが特定農薬です。
逆にいうと、重曹は安全性の明らかな農薬ということになるでしょう。
現在この特定農薬に指定されているのは、「重曹」、「食酢」、「テントウムシ等地域の天敵」の三種のみです。
この指定においては、※2農薬としての効果が明らかで、かつ※3安全性に問題のないものについて検討を行ったということですから、いわばお墨付きを頂いたようなもの。
な~んだ重曹って農薬だったのね、となればガーデニングと繋がるのも至極当然と言うわけです。
※1「特定農薬」という言葉に違和感があるという声もあり、「特定防除資材」という通称も認められた
※重曹と食酢については、殺菌作用を持つとされる農薬登録によりその主成分の薬効が証明されている
※重曹と食酢については、古くから食品として使用されており、防除目的で農産物に散布されたとしても人体はもとより動植物等に対しても安全と考えられる


次ページでは、重曹の利用法についてお話します>>次ページへ