は行(ふ・へ・ほ)

《フ》

ファサード
 道路から見て、その家の正面となる部分。
家の外観にとりつけた門柱や表札などを含む。

フェンス
 垣根・柵・塀など、敷地内と外部を仕切るもののこと。

フォーカルポイント
 庭の中に造られた、視線を集めるポイントのこと。
コンテナオーナメントを用いて視線を誘導する。庭全体のまとまりをつくるのにも欠かせないポイント。

覆土(ふくど)
 種をまいたうえにかける土のこと。

腐葉土(ふようど)
 主に広葉樹の落ち葉を腐蝕させたもののこと。
水はけ・通気性・保水性がよく、土中の微生物を増やして土を活性化する働きがあるため、土の改良に用いられる。小枝が混じっていたり、黴が発生しているものは避けること。

フロントヤード
 前庭のこと。主に門や玄関前のスペースを指していう。
 ⇔バックヤード

《ヘ》

壁泉(へきせん)
 壁につけたオブジェから水が流れ出るように作られた物のこと。
ライオンの頭部をかたどったものなどがよく知られる。

ヘッジトリマー
庭木用バリカンのこと。
電動式で、主に生垣を刈り込むのに使用する。

ベランダ
 建物の開口部の壁面から、外に張り出した部分のこと。

《ホ》

ボーダー花壇
 帯状に細長い花壇のこと。
一年草宿根草を混植し、開花時の色彩や植物の草丈を考慮してデザインする。

ポーチ
 玄関から外へ張り出している部分で、屋根がついているところを指していう。

保水性(ほすいせい)
 土の水もちのことを指す。
良い土の条件として、通気性・排水性と並んで重要なポイントとなる。

匍匐性(ほふくせい)
 茎が横に這うように伸びる性質のこと。



あ・い・う  え・お  か・き  く・け・こ  さ行  た行

 な行  は・ひ  ふ・へ・ほ  ま行  や行  ら~わ行