紐は庭師の必需品!園芸における紐の結び方とは

園芸に役立つ紐の結び方とは

園芸に役立つ紐の結び方とは

菜園の支柱
ハサミと紐は庭師の必需品
ガイド記事【心に種まく、「画家と庭師とカンパーニュ」】の一節で触れたように、「紐」は日々のガーデニング作業に欠かせないものです。 丈の高い植物に支柱を添えたり、支柱同士を組むのに使ったり、剪定した枝を束ねたり……。
そんなお役立ちグッズでありながら、実のところ「結べていればOKでしょ」と何となくテキトーに結んでいたりしません?最近はビニールタイなど、簡易な結束紐も市販されていますしねぇ。
でも植物に使うなら麻紐や棕櫚縄(しゅろなわ)など、天然素材のほうが良さそうですよね。それにその時々の用途に適した結び方を覚えておけば、きっと作業もはかどるはず! ということで今回は、ガーデニング作業に役立つ基本の結び方をご紹介します。
   

園芸・ガーデニングの紐の結び方1:本結び

まずは基本中の基本、「本結び」の結び方です。いわゆる「固結び」ですから、図解するまでもないかとは思いますが、うっかりすると「縦結び」になってしまいがちなので、この際きちんと復習しておきましょう。
※紐の組み方を間違えると結び目が図4のように横に互い違いにならず、紐端が上下に振り分けられてしまう「縦結び」に。縦結びは解けやすいので要注意です。
本結び1 本結び2
1.紐をクロスさせる 2.互いに、ひとひねりする
 
本結び3 本結び4
3.輪を作り、ひとひねり 4.左右に引き絞り、完成
 

園芸・ガーデニングの紐の結び方2:固く結べ解きやすい「ねじ結び」

ねじ結び1
1.紐をクロスさせる
次は、簡単にしっかりと結べるのに、解きやすい「ねじ結び」に挑戦です!
 
ねじ結び2
2.輪を作り、間に紐を通す
 
ねじ結び3
3.そのまま2、3回巻き、左右に引き絞る
 



 

園芸・ガーデニングの紐の結び方3:解けにくい「二重巻き結び」

今度は、結んだあとに解けにくい、「二重巻き結び」です。
植物に支柱を添えるとき、支柱側を二重巻き結びにしておくとずれることがありません。ただし植物の方は生長していくので、二重巻き結びではいずれ茎に紐が食い込んでしまいます。植物には、「もやい結び」など、余裕を持たせられる結び方をしましょう。
二重巻き1 二重巻き2
1.紐をクロスさせる 2.手前に持ってきて……
 
二重巻き3 二重巻き4
3.「8の字」の形に 4.そのまま左右に引き絞る

園芸・ガーデニングの紐の結び方4:もやい結び

「もやい結び」とは紐端に輪っかを作る結び方で、船を繋ぎとめておく(もやう)ときに使う手法です。
一度覚えてしまえば、案外簡単にしっかりと結ぶことができます。
この結び方は、ヨットやアウトドアで使うロープワークの基本中の基本と言われるものですから、マスターしておきたいですね。
もやい結び1 もやい結び2
1.輪を描き…… 2.紐端を輪の下、上と通し
 
もやい結び3 もやい結び4
3.左手紐端の下を通り 4.始めに作った輪の中へ
 
もやい結び5  もやい結び6
5.小さい輪の下、大きい輪の上を通り(青の点線部分が、作りたい輪) 6.青点線の輪の大きさを調整して、輪と紐端を引き絞り固定
 

園芸・ガーデニングの紐の結び方5:いぼ結び

「いぼ結び」は、支柱などを十文字に組むときに使われる結び方です。上級向きで、覚えるのにちょっと苦労するかもしれませんが、チャレンジしてみてください。
いぼ結び1 いぼ結び2
1.組んだ十文字に紐をクロスさせ、後ろで紐をひとひねりする 2.左右の紐端を手前に返し、しっかりと引き絞る
 
いぼ結び3 いぼ結び4
3.赤四角、×に交差した部分を押さえたまま、Aの紐を図のように巻く 4.×部分は押さえたまま、Bの紐を3.で作った輪の中へ通す
 
いぼ結び5 いぼ結び6
5.×部分を押さえたまま、3.と4.で作った輪を縮めていき、最後に引き絞る 6.できあがりの裏側はこんな感じ。1.で紐を交差し忘れないように


いかがでしたか?今回ご紹介した結び方は、ガーデニングだけでなく毎日の暮らしの中で、アウトドアでと大活躍するものです。本格的なガーデニングシーズンを前に、今のうちに練習しておきましょう!




【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「実家の空き家を整理した」「自宅をスマートホーム化した」「妻と死別してお一人様になった」「家族で地方に移住した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!
登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。