か行(く・け・こ)

《ク》

苦土石灰(くどせっかい)
 酸性の土を中和させるための改良剤。
植付けの一週間前までにまくこと。
コンテナの古土を再利用するときにも、改良剤として使用する。

グラウンドカバー
 剥き出しの地面や花壇の土を、つる性植物や匍匐性の植物で覆うこと。
また、その植物そのものを指す。地被植物。

クレイジーペーブメント
 ⇒乱張り

《ケ》

嫌光性(けんこうせい)
 発芽の際、光を嫌うもののこと。
種蒔きの際の覆土は厚めにかける。
 ⇔好光性

原種(げんしゅ)
 品種改良される前の、元となる植物。品種改良されていない野生のままの植物も指す。

《コ》

好光性(こうこうせい)
 発芽する際に光を好むもののこと。種まきの覆土は薄くする。
 ⇔嫌光性

腰水(こしみず)
 容器に水を張り、そこに鉢を浸けて鉢の底から水を吸わせる給水方法。
鉢土が乾きすぎたときや、旅行などで数日水遣りができない場合などに利用できる。鉢底潅水・底面給水。

コンサバトリー
 温室目的で作られた、ガラス張りの部屋のこと。
 ⇒サンルーム

コンテナ
 英語で「入れ物・容器=container」のこと。 ガーデニングでは、大小にかかわらず鉢の総称として使われている。



あ・い・う  え・お  か・き  く・け・こ  さ行  た行

 な行  は・ひ  ふ・へ・ほ  ま行  や行  ら~わ行