種蒔きというと、誰しも小学校のときにヒマワリや朝顔の種を蒔いた経験があるのでは?
双葉が出たときの喜び、本葉が出た、茎が伸びたと観察日記に書いたりしましたよね。
今回の種から育てる花も、基本的にはアレと変わりないことをするわけです。

種によってはデリケートな性質だったり、特別な処理をしないと発芽しないものとかもありますが、一般に市販されている種は「蒔き時」と「基本」を守れば大概は芽が出るものです。

「蒔き時っていつ?」と思った方、答えはほら、すぐそこの園芸店やホームセンターにありますよ。そう、そこの棚にたくさん並んでいる種袋に。
この種袋、小さいのに実にたくさんの情報が収められているのです。種の原産地(or採取地)・発芽確立・種の蒔き方・育て方・花の特徴・花期・発芽適温あるいは地域別の播種最適期間(蒔きどき)…等々。重たい園芸百科を開かなくても、この袋さえあれば育て方がわかるのです。
うまくすれば咲いた花から種が取れて、また来年蒔くことが出来るのですから、種袋はすぐに捨ててしまわずに、上手に活用しましょう。ファイルなどを利用して整理することで、自分だけの植物図鑑にもなります。

ちなみに春蒔きの種はというと、アゲラタム・アスター・インパチェンス・マリーゴールド・ナスタチューム・サルビアなどがあります。

では実際に種を購入するところから始めてみましょう。
購入する際の注意点ですが、種は採種されてから年を追うごとに発芽率が落ちてくるので、なるべく新しい種を選ぶことです。
店頭に並んでいる種袋は、ほとんどのものに採種年あるいは消費期限などが記載されています。

いつ入荷したのかわからないような、埃がかぶった状態にあるものは避けましょう。さらに、現在蒔き時であるか、生育適地は日向か半日陰かなどを確認します。

蒔き床・種まき用土は、清潔な新しい土を準備しましょう。一般的にはバーミキュライトやピートモスが用いられます。また、「種まき用土」の名前で市販されているものもあります。細かな種を蒔くにはピートモスを平板状にした「ピートバン」がおすすめです。
直根性で移植が難しいものは最初から直まきにします。その他、用土を入れるポット自体が土に還る素材で出来ているものや、ピートモスを円盤状に圧縮し、水を含ませると膨らむものなどもあります。たくさんの苗を得たいのであれば、育苗箱(or浅い鉢)に用土を入れたものを使うと良いでしょう。