朝食を食べない現代人

画像の代替テキスト
20代、30代の男性に朝食を食べない人が多く、それが中年以降のメタボを引き起こす?
「長生きの秘訣は食べ過ぎないことと、糖を分解するインスリンを急に上げない食事を取ること」と話すのは、順天堂大学医学研究科加齢制御医学講座教授の白澤卓二先生。

厚生労働省が実施した2005年国民健康・栄養調査によると、朝食の欠食率は20代が28.3%、30代が20.8%にのぼり、20代男性では33.1%、20代の1人世帯では49.4%が朝食抜きの生活をしています。


朝食抜きが悪い理由

画像の代替テキスト
朝食をとらないとボーッとしたまま午前中を過ごし、ランチのドカ食いに結びつきます。
朝食を食べないと、私たちの体は睡眠中の絶食状態が続いたまま活動をすることになり、体温や血圧は低いままで、頭もボーッとして脳が覚醒しません。
そしてこのままの状態で昼食をとると、急に食事が体内で消化・吸収されて、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が急激に上昇します。これを分解して細胞のエネルギーに換えるためには、大量のインスリンが必要になります。


次のページでは食事を急に食べて血糖値を急激に上げることがすい臓に大きな負担をかけることについて話を伺っています。