古代から世界中で愛用される「パクチー」

あ

古代から世界中で食用と薬用に愛用され続けているパクチー(コリアンダー、シャンツァイ)には、美容と健康に良いアンチエイジング成分がたっぷり

ハーブを食事やスキンケアに取り入れると、美肌や細胞の若さを保てることが科学的にも検証されています。アンチエイジングガイドが数あるハーブの中で、いま最も注目しているのが「パクチー」。

パクチーはタイ語で、アジア産のハーブと思われがちですが、実はパクチーの原産地は地中海沿岸。英語でコリアンダー、フランス語でコリアンドル、中国語でシャンツァイと呼ばれて、アジアだけでなく、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、中東、インドなど、世界中で利用されています。

パクチーは、世界各国で料理食材としてはもちろんのこと、薬としてさまざまな病気の予防や治療にも、古代エジプト、ギリシャ、ローマ時代から用いられてきました。

美肌成分たっぷりのパクチー

アンチエイジングのガイドとして、パクチーに注目している理由は、パクチーにはものすごい美肌成分があるからです。肌荒れが気になる、肌色が悪い、肌がカサカサ、肌にハリやたるみがない……そんなときは、ぜひ食事にパクチーを取り入れてみてください。

あ

ガイドは毎日パクチーを食べます。βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、鉄分などが豊富で、美肌づくりに欠かせません!

パクチーの葉は鮮やかな濃い緑色ですよね。その濃い緑色の素になっているβカロテン」は、高い抗酸化力で細胞の老化を抑える働き、免疫力を整えて風邪などの感染症を予防する力を持っています。
さらにβカロテンは体内で吸収されるとビタミンAに変わり、皮膚や内臓の粘膜を強化して、美肌を保ってくれる肌の細胞を元気にして、腸の働きも整え、快便も期待できます。

もうひとつ、パクチーには、抗酸化力の強いビタミンEも豊富で、血行を促進して、肌を美しくする効果があります。さらにパクチーには、女性が不足しがちな鉄分も多く、血液を健康な状態に保ち、冷えや疲れを改善します。鉄分の吸収を良くし、肌の弾力を支えるコラーゲンの生成を高めるビタミンCも豊富です。

次ページでは「紫外線・不眠に対する効果」について紹介します。