年齢とともに声も老化する!?

年齢とともに声も老化する!?

年齢とともに声も老化する!?

若いころの声は、かわいらしく元気でハリがあったはずなのに、年齢を重ねるうちに声が低くかすれてきたと感じる事はありませんか?

アニメや映画の吹き替えでも、若くて美しい女性は高い声で、魔女やおばあさん、意地悪な女性などは、低くしゃがれた声の場合が多いですよね……。

つまりそれだけ、声は年齢、容姿、性格を判断するときに重要視されるのです。アンチエイジングを考え、少しでも若々しさと美しさを保ちたいと考えたとき、声のエイジングケアはとても重要です。

 

声の老化が起きるメカニズム

あ

声が老化する原因は声帯が伸び縮みしなくなること

年齢とともに声が低くなり、かすれてくるのは、のどで声を作り出す「声帯」の筋肉が、凝り固まったり、老化して伸び縮みしにくくなることで起こります。良く伸び縮みするゴムのような筋肉を持った声帯であれば、柔軟性があるので、いろいろな声が出るのです。ところが年齢とともに使い古したゴムのように、声帯の筋肉も伸縮性を失い、ヨレヨレになってしまうのです。

古くなって伸び切ったゴムのような筋肉では、筋肉がうまく動かなくなり、声の幅が狭くなってしまいます。特に高い声を出すときには声帯を引き伸ばさないといけないために、古いゴムのような声帯になると、高い声が出しにくくなります。

ではどうすれば声帯の筋肉のしなやかさを保つことができるのでしょうか?
 

タバコ、酒、刺激物、寒さでのどを傷つけない

あ

タバコや強いお酒、刺激物、寒さは声を老化させます

タバコやアルコール度数の強いお酒、のどがヒリヒリ痛むような辛い食べ物などは、のどを刺激して傷つけてしまいます。これが習慣化するとだんだんと刺激を感じなくなり、放置してエスカレートすると、のどにポリープや腫瘍などができてしまうこともあります。

のどは粘膜で覆われたデリケートな部分なので、健康のためにも十分に労わってあげましょう。

のどを乾燥させるといがらっぽくなり、声がかすれます。これを防ぐためにも水分補給をこまめにしましょう。

寒さで喉の筋肉が萎縮してしまうといい声が出ません。キレイな声を出すためには、のどを冷やさないようにスカーフなどを持ち歩いて、いざという時にのどを守れるようにしましょう。

次のページでは、声のエイジングケアの実践法についてご紹介します。