PCやスマホのブルーライトが肌を老化させる!

Q

パソコンやスマホが肌にも悪影響!?

紫外線が肌に悪いというのは、周知の事実。さらに最近では、人工的な光であるブルーライトも肌のエイジングを加速させることがわかってきました。
「そもそもブルーライトってなに?」いう人も多いのではないでしょうか?
また、パソコンやスマートフォンから発せられているのは知っているけれど、それがどのような影響を及ぼしているのかはわからないという人も多いと思います。

ブルーライトは強力!紫外線に次ぐエネルギー量

Y

紫外線に次ぐエネルギー量

ブルーライトとは、可視光線(電磁波のうち、人の目に見える波長のもの。いわゆる光)のなかでも、紫外線に次ぐ強いエネルギーを持つ波長の短い青色の光のことを言います。

角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達するほどのエネルギーを持っているため、目の疲れや痛みといった直接的なダメージを与えます。

ブルーライトは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイほか、LED照明にも多く含まれています。いまや、パソコンやスマートフォンは生活必需品。浴びる量や時間も増えていて、紫外線よりも防ぐことが難しい存在と言えます。ちなみに、ブルーライトが多いのは、スマートフォンがダントツ。続いて、ゲーム機、パソコン、液晶テレビとなります。


ブルーライトが肌に及ぼす影響とは?

J

ブルーライトがシミシワの原因に

また、ブルーライトは、直進する性質を持っているため日焼けやシミの原因となる紫外線B波よりも肌の奥に入り込み、色素沈着を引き起こすことから「第3の紫外線」とも呼ばれています。

その力は、ブルーライトを長時間浴び続けると、肌細胞が変色し、1時間で色素沈着を引き起こすという研究結果が出ているほど……。しかも、ブルーライトで作られたシミは、UVBで作られたシミよりも頑固で肌に残りやすいと言われています。

紫外線であれば、とにかく日光に当たらないようにすることもできますが、ブルーライトは現在、身の回りにあふれています。しかも、昼夜を問わず24時間たえず注がれているので、防ぐのはかなり困難です。


ブルーライトが活性酸素にも影響を及ぼす!?

さらに、ブルーライトはシミだけでなく、肌を酸化させて老化を促進させる活性酸素の生成の原因にもなると言われています。なにより、ブルーライトは真皮より奥の深部にまで到達するため、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する「一重項酸素」の産生を促すこともわかっています。

一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンと言った肌の弾力を保つのに欠かせない肌組織委を破壊するだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させてしまうと言います。ゆえに。シワやたるみなどを引き起こす原因にも……。

それ以外にも、ブルーライトの影響で目が疲れると質の良い睡眠がとれなくなり、肌のツヤにも影響を及ぼします。目を酷使することで脳がストレスを感じ、副腎皮質刺激ホルモンを生成。これが、肌にくすみの原因となってしまうのです。加えて、長時間目を酷使していると、目の周りの筋肉も固くなり、シワができやすくなってしまいます。

最近、肌のシワが気になる人という人は、実はブルーライトの影響を受けているかもしれません。

次のページでは、ブルーライトで肌を老化させないための対策をご紹介します。