フルーツで肌、脳、お腹も喜び、若さを保つ

あ

フルーツは食物繊維、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルなど、美肌と若さをサポートする栄養がたっぷり!アンチエイジングガイドは1日500グラムのフルーツを食べています!

若さを保つために食事は大切です。アンチエイジングガイドが毎日の食生活で心がけているのは、スイーツやお菓子、インスタント食品を食べずに、フルーツをたくさん食べること。

具体的には1日500グラムのフルーツを食べるように心がけています。なぜそんなにフルーツを重視しているのかと言えば、フルーツは食物繊維、抗酸化物質、ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれ美肌効果がバツグン、さらに脳が喜ぶ甘さを楽しめるのに、ケーキやお菓子よりも低カロリーだからです。

「1日500グラムってすごい量なのでは?」と思う人もいるでしょう。でもリンゴ1個、グレープフルーツ1個、バナナ1本くらいで500グラムになります。これを1日数回に分けて食べればいいのですから、とても簡単。しかもボリュームがあるので、お腹が満腹になり、食事の量を減らすことができ、ダイエットにも良いのです。


フルーツを食べない日本人

でも残念なことに日本人は先進国の中で最もフルーツを食べていないのです。世界で最もフルーツを食べるのがイタリア人で、1日426グラム、日本人は1日たった144グラムしかフルーツを食べていません。

日本人がフルーツを食べない理由としては、「皮をむくのが面倒くさい」「重くて持ち運びが面倒」「値段が高い」「太りそう」「カロリーが高そう」「健康に悪そう」などという誤解が広がっていることにあるようです。イタリア人が「チャオ~」と明るくエネルギッシュで元気なのは、フルーツをたくさん食べているからかもしれませんよ!

フルーツは低カロリーで食べごたえあるダイエット食品

あ

フルーツはお菓子やケーキに比べて断然低カロリーです。しかも噛みごたえもあり、水分も豊富なので食べごたえがあるため、食べ過ぎたりすることも少ないはず!あなたのまわりで、リンゴを食べ過ぎて太った人、いますか?!

「フルーツはカロリーが高い」という誤解は、たぶん「フルーツは野菜に比べてカロリーが高い」という事実から発生したのでしょう。

もちろん、野菜と比べればフルーツの方がカロリーは高いです。でも、フルーツは適度な甘みと酸味を楽しめるという魅力があります。ガイドはフルーツを美肌と若さをキープするために必須のスイーツ、デザートと考えています。だからケーキやお菓子、アイスクリームやシャーベットの代わりにフルーツを食べています。

カロリーを比較してみましょう。同じ100グラムで比較すると、リンゴはたった54キロカロリーですが、ショートケーキは344キロカロリー、おせんべいは465キロカロリーもあります。ケーキやスナック菓子には、砂糖、小麦粉などの糖質、バター、マーガリン、植物油、生クリームなどの油脂もたっぷり含まれています。塩分も多く、化学調味料や保存料、着色料なども使われている可能性があります。これらはどれも細胞を老化させる可能性があるため、なるべくなら最低限に留めておきたいものばかり。

あ

フルーツは食物繊維たっぷりでお腹をたっぷり満たしてくれます!

ところがフルーツは食物繊維、水分がたっぷりで噛みごたえもあり、食べ過ぎることも少ないでしょう。例えばリンゴ10個を食べるのはとっても大変ですよね? でもリンゴ10個と、油断するとペロリと食べてしまう大きめの板チョコ1枚が同じカロリーなのです。

こういう事実を知れば、フルーツはケーキやお菓子に比べて低カロリーで、ボリューム、噛み応えもあるので、食べ過ぎることはまずないと理解できますよね? お菓子やケーキなどをセーブして、自然の恵みがたっぷりのフルーツに切り替えてみませんか?