医師による正確な肌診断&診察で
自分の肌コンディションを知ろう

画像の代替テキスト
使っている化粧品名やアレルギーなどかなり詳しく記入します
初めて美容皮膚科を訪れた患者さんになった気分で、診察の流れを説明しましょう。

今回は2008年1月、麻布十番にオープンしたばかりのアオハルクリニックにご協力いただきました。親しい友人宅を訪れた気分になる落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごせるのがうれしいクリニックです。


■質問票に記入
最初にクリニック専用の質問票(問診票)に記入します。内容は「現在の体調」「今までの病歴やアレルギーの有無」「肌の悩みや症状」「過去の肌トラブル」「使っている化粧品」「妊娠・出産経験」「最終月経日」「現在のんでいる薬」「現在受けている治療」などについてです。


■化粧を落とす
画像の代替テキスト
肌診断前の化粧落としは念入りにしましょう

正確な診断をしてもらうために、しっかりと化粧を落としましょう。ということは美容皮膚科に行くときは、化粧ポーチを忘れずに。もし忘れてしまっても、ほとんどのクリニックにスキンケアからメイク道具までひととおり準備してあるので安心してください。

アオハルクリニックのパウダールームには、低刺激・無香料のクリニックオリジナルのスキンケア用品やロート製薬が開発したDRXというスキンケア製品などが用意されていました。


■肌診断を受ける
画像の代替テキスト
自分の肌タイプを誤解している人は意外に多いそう

素肌になったら最新鋭の機器で肌診断を受けます。写真はVISIAという肌診断の機械でカラー写真と紫外線写真を分析して紫外線のシミ、肌の赤み、シワ、キメ、毛穴、ニキビのできやすさなどの度合いを調べます。それをデータベースで分析して実年齢と肌年齢との差をグラフで示してくれます。


■診断結果について説明を受ける
画像の代替テキスト
シワ、シミ、毛穴、たるみの老化度をチェック

ほんの2~3分すると結果がパソコン画面に映し出されます。シミ、シワ、キメ、毛穴の4項目について結果がグラフで表示され、真ん中の曲線よりも下ならば平均よりも若く、上ならば平均よりも老化していることになります。

ちなみに私は4項目すべて何とか平均より若く、特にシワとシミについては、かなり高評価をいただきました。アオハルクリニックでは、この詳しい肌診断を初診の方に無料で受診してもらっているそうです。うれしいですね。


次のページでは、ドクターによる問診や治療、オリジナルコスメについて紹介します。