夏のスキンケアには「カモミールジャーマン」がイチオシ!

アロマ効果で美しく
ナチュラルな香りが心地よい。
夏のスキンケアには、肌の炎症を抑えるカモミールジャーマン(Matricaria chamomilaまたはMatricaria recutica)がおすすめ!カモミールジャーマンはハーブティでお馴染みですが、エッセンシャルオイルでも入手しやすいものの1つ。少し高級ではありますが、それだけのことはあるエッセンシャルオイルです。特徴を挙げてみましょう。

  • オイルが濃い紺色をしている
  • 独特の薬草のような香りと、ほのか~なリンゴのような印象をもつ香り
  • 抗炎症、抗アレルギーに優れる


  • カモミールジャーマンが肌に効果的なのは、含まれるカマズレンという成分によるもの。これはお花に含まれるマトリセンが蒸留中に分解して生じるものらしい。ちなみにカモミールジャーマンの花は白。つまり濃い青色も蒸留する過程で起こることのようです。カモミールジャーマンのスキンケア効果については、ガイドの生徒さんなどからは実際に使って本当に良かった!という声も多いですよ。


    そして、カモミールジャーマンの香りには、神経を落ち着かせる効果もあります。とはいえ、カモミール、特にジャーマン種は香りが強烈!質の悪い香りではありませんが、個性派であることは否めない。なのでブレンドすると使いやすいでしょう。一緒に合わせる香りならこんな香りはいかがですか。

    例えば、
  • 夏の暑さをクールダウンさせるペパーミント
  • 呼吸を深くしてリラックスさせるフランキンセンス
  • デオドラントに優れるラベンダー
  • 花の香りで甘い夜を。イランイラン


  • そんな香りに今回は「ソルト(塩)」を合わせます。塩はむくみに効果を発揮しますし、肌の浄化にも役立ちます。仕上がりもオイルとは違い「さっぱり」。夏にはぴったりですね。材料と作り方をご紹介しましょう。

    「夏色バスソルトの作り方」 次のページに続きます!