カモミール・ジャーマン

https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/7/4/9/0915a.jpg
ピーターラビットのお話にも出てくる「カモミールティ」。ヨーロッパ人にとっては家庭内の常備薬のようなお茶。
(Matricaria recutita)
キク科の草本
水蒸気蒸留にて採油

ハーブティで最も有名なのがこのカモミール・ジャーマンではないでしょうか。カモミールとは「地面のりんご」という意味のギリシャ語に由来します。それは葉がりんごに似た芳香をもつからで、このフルーティな香りは印象深く、ガーデニングで楽しむ人も少なくないはず。一方、カモミール・ジャーマンのエッセンシャルオイルというと少しマニアックかもしれません。

このエッセンシャルオイルはまず見た目からかなりインパクトがあります。
それはオイルの色。墨のような、インクのような、濃い紺色をしています。このような色のエッセンシャルオイルは、通常使うオイルでは珍しい。香りもかなり薬草っぽく、心地よい印象からは遠いものかもしれません!だからこそ、いかにも「効きそう!」というセラピーにはふさわしい植物です。

ちなみ、アロマテラピーで使われるもう1つのカモミールが、カモミール・ローマン。香りはこちらの方が使いやすいかもしれませんね。カモミール・ローマン



カモミール・ジャーマンのアロマ効果

https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/7/4/9/bath1.jpg
お風呂でゆっくり薬草風呂。
濃紺色をしているのは「カマズレン」という成分が含まれているから。この成分は目薬、うがい薬、塗り薬などに配合されていることがあります。医薬品に含まれているものは自然のものではないと思いますが、この成分が天然のハーブに含まれているのが、カモミールの特長!カマズレンは抗炎症が期待できる成分。クリームを作ってみては?かさかさした手指をしっとりとさせてくれます。乾燥など、肌トラブルの多くなるこれからの季節にオススメです。

また、腹痛や消化機能が落ちてるときには、背中や腹部を軽くマッサージしてもGood。また、筋肉痛や関節の痛みにはカモミール・ジャーマン入りのアロマバスでリラックスしてみましょう。



◆注意
カモミール・ジャーマンは濃紺色。ハンカチなどに落とすとシミがつきます。何度か洗濯すれば目立たなくなりますが、完全に落ちないこともあります。


◆ガイドからひとこと提案
かなり濃度を低くすることで、リンゴのような香りになります。ラベンダーとのブレンドは、香りに柔らかさが出て、フローラルな要素がプラスされます。使いやすくなりますよ。


参考文献
『ハーブ事典』レスリー・ブレムネス著 樋口あやこ訳(文化出版局)
『アロマテラピーマッサージ・ブック』クレア・マクスウェル=ハドソン著 前田久仁子訳(河出書房新社)

【関連記事】
楽しく!安全に!効果的に!アロマを活用する アロマテラピー実践上の注意事項
シワ、たるみの元ドライスキンのケアからアトピーまで カモミールで潤い肌を手に入れる
かゆみ、ほてり・・・ 汗かき肌をアロマでキレイにする
3本のアロマオイルで乗りきる花粉症


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。