お賽銭の金額で迷ったら……目安となる語呂合わせ

社寺に参拝するときの「お賽銭」、幾らにしますか?

社寺に参拝するときの「お賽銭」、いくらにしますか?

神社仏閣にお参りする際、お賽銭をいくらにするかで迷いませんか。そんなときに縁起の良い語呂合わせで決める人も多いようです。そこで、お賽銭の由来、神社とお寺で違うお賽銭の意味、縁起の良い金額と悪い金額をご紹介します。
 
【INDEX】  

お賽銭とは? お賽銭の由来

お賽銭(おさいせん)とは、神社やお寺に参拝する際に、賽銭箱に納めるお金のことです。古くは神前に米などを納めていたため「散米(さんまい)」といい、もっぱらお米を白紙に包んだ「おひねり」を納めていました。今でも観劇などをした際に渡すご祝儀を「おひねり」というのは、その名残です。
 
やがて貨幣が流通するようになると、米ではなく銭貨を納めるようになったため「散銭(さんせん)」と呼ばれるようになり、神仏の恩に報いるという意味の「賽」の字をあてて「賽銭(さいせん)」になったと考えられています。
 

神社とお寺ではお賽銭の意味が違う

神社とお寺で違うお賽銭の意味

神社とお寺で違うお賽銭の意味

神社とお寺ではお賽銭に対する考え方が異なります。神社におけるお賽銭は、神様に日頃の感謝の気持ちを伝えるために納める物です。 

一方、お寺におけるお賽銭にはお布施の意味合いがあり、自分の欲や執着を捨てるという修行のひとつとされています。
 

お賽銭の金額に決まりはあるの?

金額に決まりはないから、縁起の良い金額にしたくなる!?

金額に決まりはないから、縁起の良い金額にしたくなる!?

お賽銭の金額に決まりはありません。金額の大小も関係ないため、自分の好きな金額で問題ありません。
 
とはいえ、好きな金額でといわれると、迷ってしまうのが人の常。そこで語呂合わせなどで意味をもたせ、思いを託す人が多くなりました。たくさんある語呂合わせの中から、主なものを紹介します。
 

ご縁にまつわる縁起の良い金額

お賽銭ではご縁に通じる5円玉が大活躍

お賽銭ではご縁に通じる5円玉が大活躍

縁起の良い金額でよく使われるのが、「ご縁」に関するものです。ご縁に通じるよう、できるだけ5円玉で納めたほうがいいといわれています。
  • 5円=ご縁がありますように
  • 10円(5円玉2枚)=重ね重ねご縁がありますように
  • 11円=いい縁がありますように
  • 15円=十分ご縁がありますように
  • 20円=二重に縁がありますように
  • 20円(5円玉4枚)=よいご縁がありますように
  • 25円=二重にご縁がありますように
  • 35円=再三ご縁がありますように
  • 41円=始終いい縁がありますように
  • 45円=始終ご縁がありますように
  • 50円(5円玉10枚)=五重の縁がありますように
  • 55円=五重のご縁がありますように
  • 100円=100の縁がありますように
  • 105円=十分にご縁がありますように
  • 115円=いいご縁がありますように
  • 125円=十二分にご縁がありますように
  • 415円=良いご縁がありますように
  • 485円=四方八方からご縁がありますように
 

穴があいている硬貨や語呂合わせで縁起の良い金額

  • 5円=(穴があいているので)見通しがきく、運が通る
  • 50円=(穴があいているので)見通しがきく、運が通る
  • 21円、31円など割り切れない数字=家族円満、夫婦円満、恋愛継続
  • 88円、888円=末広がり
  • 111円=なんでも1番
  • 123円、1234円=上がり数字
  • 777円=ラッキーセブン
  • 2525円=にこにこ
  • 2951円=福来い
  • 4129円=良い福
  • 8981円=厄払い
  • 9674円=苦労無し
  • 1万円=万事円満 ※新札のほうが良い
 

縁起が悪いとされる金額

  • 10円(10円玉1枚)=遠縁になる
  • 65円=ろくなご縁がない
  • 75円=なんのご縁もない
  • 85円=やはりご縁がない
  • 95円=苦しいご縁にあう
  • 500円(最大の硬貨)=これ以上大きな効果は無い
なお、人から借りたお金を納めるのは良くないとされています。
 

大切なのは神仏に対するこころ

参拝するときに大事なのは、真摯な気持ちで神仏に向かうこと

参拝するときに大事なのは、真摯な気持ちで神仏に向かうこと

上記は、あくまでも金額を決めかねているときの参考です。人は何かしら理由があったほうが行動しやすいため、語呂合わせなどの意味を理由にしているのです。最近はキャッシュレスのお賽銭などもあり、お財布の中身とは違う観点で金額を決める機会もあります。そんなときに金額の意味を思い出すと決めやすくなるでしょう。
 
もちろん、縁起を気にせず、手持ちのお金や自分の気持ちで決めても全く問題ありません。
 
大切なのは、真摯な気持ちで神仏に対することです。いずれにしても、こころを込めて参拝してください。
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。