絵馬で願い事をする理由をご存じですか?ご利益が増すよう、その由来や豆知識を紹介します。
絵馬を奉納し、心願成就といきたいですね

絵馬を奉納し、心願成就といきたいですね

 

絵馬の由来

そもそもなぜ「絵馬」で願掛けをするのでしょう? それは、昔は祈願の際に馬を奉納していたからです。

古来、神様は馬に乗って人間の住む俗世界に降りてくるといわれました。神聖な馬なので「神馬」(しんめ、じんめ、かみうま)といいます。神社に「神馬舎」がみられるのは、その名残です。

奈良時代ごろから、祈願のために馬を奉納するようになりました。奈良時代の『続日本紀』には、神様に生きた馬を奉納して祈願したという記述が、平安時代の『延喜式』には、雨を願うときには黒毛の馬を、晴れを願うときには白毛の馬を奉納するという記述がみられます。しかし、生きた馬を奉納するのは非常に大変なことなので、木、紙、土などで作った馬で代用するようになり、やがて馬を絵に描いた「絵馬」が主流になっていきました。

こうして、社寺に奉納する木の板を「絵馬」と呼ぶようになりましたが、社寺によっては馬ではなく、その社寺ゆかりの動物や縁起物が描かれている場合もあります。また、家のような形をした絵馬が多いのは、昔は絵馬の板に「神馬舎」を表す屋根をつけていた名残だといわれています。


絵馬の奉納のしかた ~書き方

絵馬は、祈願するときや、願いが叶った際の御礼をするときに奉納します。初詣に限らず、いつ奉納しても構いません。

【願い事は書く? 書かない?】

絵馬には願い事を書かなくてもよいという考え方と、きちんと書くべきだという考え方があります。もともと絵馬の奉納は人知れず行うもので、神様は祈願する者のことはお見通しだとされたため、「子年男」「丑年女」などと書く程度で、名前や願い事も書きませんでした。その後、祈願する者の心意を正すために、願い事や住所氏名を書く絵馬が増えていったのです。記載欄がある場合にはそれに従いますが、記載欄がなくどうしようか迷ったら、その社寺で聞いてみるとよいでしょう。

【願い事を書く場合のポイント】

絵馬に願い事を書く場合には、心意を具体的に表したほうがよいとされています。合格祈願の場合なら、「大学合格」ではなく「〇〇大学〇〇学部合格」と具体的に自分の決意を記します。また、何々するといいな~というふわふわした感じではなく、何々すると決意表明をするのがポイント。決意を持って叶える努力をしなければ、ご加護を授かることもできないからです。

一般的には願い事のほかに名前や住所を記入しますが、最近は実名や詳しい住所を書かず、イニシャルや「〇〇県〇〇市」にとどめる方も増えています。なお、願い事は絵の描いてある表面ではなく裏面に記入しますが、せっかくの願いが消えてしまうといけないので、油性ペンなどでしっかり書きましょう。


< 関連記事 >
「破魔矢」の基礎知識~由来、置き方や方角、処分方法
神社の正しい参拝方法とマナー
おみくじの順番と結び方は? 知っておきたい基礎知識
初詣の期間は松の内?いつ行けばいいの?
初詣、ご利益があるのはどこの神社?
正月行事の由来と過ごし方




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。