初詣とは?初詣はいつからいつまでに行けばいいの?

初詣の期間はいつからいつまで?

初詣の期間はいつからいつまで?

初詣とは、その名の通り、新年になって初めて社寺にお参りすることで、その社寺の神仏に旧年の感謝をささげたり、新年の無事や平安を祈願したりする行事です。

昔から初詣は早い方がよいと言われています。元日が無理なら、三が日に。三が日を過ぎたら、松の内に行くのが目安です。でも、この「松の内」がクセモノ。よく聞く言葉ですが、実はよくわかりませんよね……。
   

松の内とは?なぜ初詣に行く期間の目安は「松の内」なのか?

門松を飾っておく期間だから「松の内」

門松を飾っておく期間だから「松の内」

門松や松飾りを飾っておく期間を「松の内」といいます。門松や松飾りは年神様がいらっしゃる目印ですから、松の内は年神様がいらっしゃる期間ということになります。

初詣は正月行事のひとつであり、これまでの感謝と新年の無事や平安を祈る行事なので、年神様がいらっしゃる期間にお参りするというわけです。年賀状のやりとりや新年の挨拶を交わすのも松の内まで、というのもそのためです。
 

松の内っていつ?

本来は1月15日までが松の内でしたが、江戸時代に1月7日までとするようになり、現在も1月7日までというのが一般的です。

しかし、京都や大阪を中心とする関西地方では伝統を守っており、今でも15日までが松の内です(仕事上の都合や時代の流れで、便宜上7日までとする傾向もみられます)。
 

大晦日から初詣に行っていいの?

これで、松の内に初詣に行くという意味がお分かりいただけたと思います。しかし、大晦日からお参りに出かける方もいます。あれは間違いなのでしょうか?
 

大晦日~元旦の初詣

初詣は、大晦日から社寺のこもる年籠りが、除夜詣と元旦詣に分かれていきました

年籠りが、除夜詣と元旦詣に分かれていきました

テレビなどの年越し中継では、年明けを社寺で迎える方々が映しだされますね。実はこれ、本来の初詣の名残りなのです。

かつては年籠り(としごもり)として大晦日から元旦にかけて徹夜で社寺にこもる風習があり、やがてこれが大晦日の夜の除夜詣と元旦の元旦詣に分かれて、現在は元旦の祝い膳(おせち料理)をいただいてから初詣に出掛けるようになっていきました。また、31日~1日にまたがってお参りをすることを二年参りといいます。
  • 初詣 ……新年になって初めてお参りすること
  • 除夜詣 ……大晦日(12月31日)の夜にお参りすること
  • 元旦詣 ……元日(1月1日)の朝、または元日にお参りすること
  • 二年参り……31日~1日にまたがってお参りすること。年越しに1度だけ参拝する場合と、31日の夜と1日の2度参拝する場合がある。
では、どこに行けばいいのでしょう?
「初詣、ご利益があるのはどこの神社?」にて行き先選びのコツをご紹介します!


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。