おみくじ

さて、今年の運勢は?

初詣などの参拝でおみくじを引くという方は多いでしょう。運を逃さないためにも、おみくじの基本を押さえておきましょう。


おみくじは参拝前?参拝後?

参拝前におみくじを引くのはNG。まずはきちんと参拝し、その後おみくじを引きましょう。

参拝のノウハウはこちらをご覧ください
神社の正しい参拝方法とマナー
初詣の期間は松の内?いつ行けばいいの?


おみくじの縁起の良い順番は?

じつは、縁起の良い順番に明確な正解はありません。社寺によっておみくじの内容は様々で、順番の見解も異なるからです。

参考までに、神宮(伊勢神宮)を本宗として日本各地の神社を包括している神社本庁に問い合わせてみたところ、【大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶】という順番が多いようだが、【大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶】とするところもあり、何が正解というものではありません、とのことでした。

また、さらに細かく【大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶】としたり、【大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶】とするなど様々な見解があります。そのおみくじを引いた社寺で確認すると良いでしょう。

なお、吉凶の割合は社寺それぞれで、凶の本数を減らして吉を増やしている所もあれば、その逆もあるそうです。


おみくじを見るポイントは?

おみくじ

おみくじは今後の指標として、細部まで読むことが大切

吉凶の結果ばかりを気にしてしまいがちですが、大事なことは細かい部分に書いてあります。吉凶だけにとらわれず、指針とすることが大切で、細部の内容から対処法を学んだり、自分を見つめる材料にしたりしましょう。

また、大吉や大凶が出るとその反対になりやすいという説もあります。これは「陰陽道」的な考え方の、「陽極まれば陰生ず、陰極まれば陽生ず」という言葉に由来し、大吉や大凶など対極にあるものはその逆方向に転じ易いということをあらわしています。吉であっても気をつけよ、凶であっても用心して誠実に事にあたれば必ず御加護がある、といわれています。

いずれにしても、おみくじに書いてある内容に目を向けることが大切ですから、隅々までよく読んで指針にしてください。また、結果が不満でも引き直してはいけません

では、引いたおみくじはどうすればいいのでしょう? >>>