使わなくなった中古の工具、メルカリで売れるかも

自分で家具などを作ったり修繕したりする「DIY」が流行っています。本格的ではないとしても、必要になるのはやっぱり工具。でも次から次へと新しい工具が出てきて、使わなくなってしまう工具があるかもしれませんよね。それ、メルカリで売れそうですよ。
 

DIYに使う工具は?

DIYに使った不要な工具はフリマアプリで売ってみる

DIYに使った不要な工具はメルカリなどのフリマアプリで売ってみる

「DIYに使う工具」と聞いて筆者が思い浮かぶのは、メジャー、金槌、ノコギリ、ペンチ、ドライバーセット、ドリルドライバー、ハンドサンダー(木材研磨)、塗料です。

筆者はDIYをしないので基本的な工具しか思いつかないのですが、本格的にDIYをしようと思ったらもっといろいろな工具が必要になってきます。DIYをする知人は、大きな工具箱を持っていて、その中には実にたくさんの工具が入っていました。
 

メルカリに出品できない工具もある

せっかくの工具が使わないままで保管されていたら、なんだかもったいないですよね。錆びたり、壊れたりする前に、売ることも考えていきましょう。ただし、工具の中には出品ができないものもあります。メルカリの場合、危険物や安全性に問題があるものを出品禁止物としています。
メルカリの出品禁止物

メルカリの出品禁止物

メルカリの出品禁止物には、新品ではない純正電動工具用バッテリー(およびバッテリーが付属する工具本体)、商品状態に関わらず非純正(互換品)の電動工具用バッテリー(およびバッテリーが付属する工具本体)と書かれています。
 

工具は個別に売ったほうが売りやすい

メルカリで「工具」を見てみると、まとめ売りがあまり見られませんでした(もちろんまとめ売りをしている商品もあります)。一気に出品したほうが売れやすいように思えるのですが、DIYをする人はすでに工具を持っていて、足りない物をピンポイントで買う傾向にあるのかもしれません。

例えばドライバーがたくさん入っているセットはそのまま出すとしても、他にカッターやレンチ、金槌などは個別に出品するのが良さそうです。
 

メルカリで売れた電動工具はどうやって送る?

電気を必要としない工具の場合には、配送中に尖った部分が出てこないように頑丈に梱包するなど、危険にならないように配慮する必要があります。電動工具に関しては、ヤマト運輸で宅急便・ヤマト便で送ることができます。でも航空搭載をする場合には、リチウムイオン電池が使われているかがポイントになってきます。

ヤマト運輸のページを見ると、航空搭載の基準は以下のようになっています。
  • リチウムイオン電池の単電池(セル)は、1個あたりワット時定格値が20Wh以下のもの(1梱包につき4個まで)
  • リチウムイオン電池の組電池(バッテリー)は、1個あたりワット時定格値が100Wh以下のもの(1梱包につき2個まで)
  • 品物の電源をOFFの状態にして梱包する
  • 荷物の発送の際に、「電池の国連番号」と「依頼主の連絡先電話番号」を用意する
航空搭載ができないと陸海での輸送になるため、配達までに時間がかかります。航空搭載をする区間は「沖縄 ⇔ 他の都道府県」、「北海道 ⇔ 九州・中国・四国」です。

参考:ヤマト運輸「電池やバッテリーは、送れますか?

郵便局の場合にも、リチウムイオン電池が使われていると航空搭載ができません。

参考:郵便局「航空機による輸送ができないものは?
 

意外な落とし穴「ペイント塗料」

塗料にも注意が必要

塗料にも注意が必要

電動工具の他にも、発送時に注意が必要なものがあります。それが「ペイント塗料」です。ペイント塗料には、引火点が摂氏30度以下のものもあります。その場合には、郵便物として差し出すことができません。

参考:郵便局「郵便物として差し出すことができないもの

日本ペイントによると、塗料の中には自然発火するものもあり、油脂を基本成分として酸化乾燥で硬化し塗膜になる「アルキッド樹脂系塗料」がその例なのだそう。また塗料に関しては、GHS絵表示(ピクトグラム)があるので、それを確認すると良いそうです。

参考:日本ペイント「自然発火にご注意ください

ヤマト運輸の場合はどうかというと、水性塗料や水性ペンキ、油性塗料、油性ペンキは宅急便やヤマト便で出すことができます。

水性塗料や水性ペンキで可燃性物質・引火性液体や高圧ガスが含まれるものは、航空搭載できません。安全データシート(SDS)で安全の確認がとれた場合は、航空搭載ができます。

油性塗料、油性ペンキは引火性液体が含まれるため、航空搭載できません。そのため配達まで時間がかかることもあります。

参考:ヤマト運輸「塗料・補修用品(ペンキ・ラッカーなど)は、送れますか?
 

メルカリで売るのが難しいなら、工具専門の買取店に持ち込むのもあり

工具がたくさんあって出品に手間がかかる、梱包が面倒などメルカリに抵抗を感じたら、工具専門の買取店に売るのも手だと思います。フリマアプリよりも買取価格が低くなる可能性はありますが、時間をかけずに手放すことができそうです。

売り先の選択肢をいくつか用意しておいて、状況に合わせて対応していきたいですね。


【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選!
メルカリでいいねがつく意味とついても売れない理由
メルカリ出品禁止物一覧の調べ方や知らないと利用制限になってしまう物

【こちらもチェック!】
「クワガタ」や「カブトムシ」はメルカリやヤフオク! で売れる? 買える? 売買のコツや注意点は
メルカリで帽子を売るコツ! 出品時に気をつけるべきポイントや梱包方法は?
メルカリで出品されてから半年以上経過した商品。買っても大丈夫? 買う前に注意しておくこと
メルカリで傘を売るときのコツ! 「折り畳み傘」と「長い傘」それぞれの注意点
もらったお菓子をメルカリで売るのはアリ? 注意点は?
メルカリで漫画を売るコツ! セット売りをするときの苦戦ポイント4つをどう解決すればいい?
お酒をメルカリで売ってもいい? 売る場合のコツや注意点は?
メルカリでは自宅でとれた野菜や果物の取引も活発。自分が売る場合のコツは?
メルカリで靴を売るコツ! 買い替えのサイクルが早い子ども靴を高く売る4つのポイント
メルカリで洋服を売る3つのメリット! よく売れるブランドや注意点は?
メルカリで人気スポーツブランドの商品を取引するときの注意点! 偽物だったらどうする?
記念貨幣や切手を売るならメルカリよりヤフオク! 高く売るコツ4つ
「終活」の不用品整理でメルカリを使う際、やってはいけない3つのこと
メルカリ梱包の簡単なコツ! ひと工夫で商品がより安全に届く梱包方法
メルカリで出品者を検索するには? フォローがおすすめ?
100均など安い商品をメルカリで売るコツは?
教科書はメルカリに出品してもいい? 新年度に気をつけたいフリマアプリの使い方
メルカリから郵便ポストで荷物が送れる発送用シールが登場! メリットや使い方は?
 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。