立夏とは? 

立夏とはなんでしょう?よく見聞きする立夏についてわかりやすく解説します。

立夏の読み方と意味
2018年の立夏はいつ? ~二十四節気の移り変わり
立夏の初侯・次侯・末侯 ~七十二侯の移り変わり
風薫る季節 ~初夏の風を表すことば
立夏の過ごし方・食べもの
爽やかな初夏の日差しに、みずみずしい青葉若葉が映えますね

爽やかな初夏の日差しに、みずみずしい青葉若葉が映えますね

 

立夏の読み方と意味

立夏は「りっか」と読み、二十四節気のひとつです。夏が立つと書くように、夏の兆しが見え始める頃という意味で、陽気も増し夏の気配を感じる時期です。

暦のうえでは立夏から夏に入るため、「立夏を迎え、暦の上では夏となりました」といったフレーズをよく見聞きするでしょう。いわゆる初夏にあたります。なお、立夏から8月初旬の立秋の前日までが暦のうえでは夏になります。


2018年の立夏はいつ?

2018年の立夏は、5月5日から5月20日です。毎年5月6日頃~5月20頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。二十四節気は季節の移り変わりを知るために1年を約15日間ごとに24に分けたものですが、太陽の動きに合わせて1年を24等分して決めるので一定ではなく、1日程度前後することがあるからです。

また、立夏といっても、立夏に入る日を指す場合と、立夏(二十四節気の第9)から小満(二十四節気の第10)までの約15日間をいう場合があります。

なお、二十四節気では、立夏の前は穀物を潤す雨が降る頃という意味の「穀雨」で、立夏の次は万物が生長し天地に満ち始める頃というという意味の「小満」となります。

●立夏前後の二十四節気の移り変わり
穀雨→立夏→小満


立夏の初侯・次侯・末侯

二十四節気をさらに3つに分けた七十二侯は、立夏の間にこのように移り変わります。

●初侯:蛙始鳴(かわずはじめてなく) 5月5日頃
蛙(かわず/かえる)が鳴き始める頃。「かわず」は歌語、雅語として、「かえる」は口語、俗語として用いられてきました。「かえる」の語源は必ず元のところに帰ってくるから「帰る」、「かわず」の語源は川に住む蛙という意味の「河之蛙(かわづがえる)」だとか。そこかしこで、蛙の合唱が聞こえてきます。
蛙のうたが聞こえてくるよ♪

蛙のうたが聞こえてくるよ♪


●次侯:蚯蚓出(みみずいづる) 5月10日頃

蚯蚓(みみず)が地上に出てくる頃。「みみず」の語源は「目見えず」で、目のないみみずは光を感知しながら暗がりへ進む性質があり、夜や雨の日に土から出て行動するそう。土を肥やす役割も果たすので、みみずがいると肥えた土ができるといわれています。

●末侯:竹笋生(たけのこしょうず) 5月15日頃

たこのこが生えてくる頃。竹笋はたけのこの古名で、たけのこには「筍」「竹の子」「竹笋」「たかんな」という表現があり、いずれも季語になっています。今は加工したものが年中出回っていますが、たけのこは初夏が旬。朝堀りをその場で食べるのが最もやわらかだとか。一度は味わってみたいですね。
たけのこは生長が早く、一晩で一節伸びるといわれています

たけのこは生長が早く、一晩で一節伸びるといわれています
 


風薫る季節 ~初夏の風を表すことば

新緑も美しく、日々その色を濃くしていきます。季語にもなっている「薫風(くんぷう)」、「風薫る」は、青葉若葉を揺らす風に香りがあるかのような様子を表しています。「風薫る季節となりました」は、初夏の挨拶としてお馴染みです。新緑の木々は最も成長が盛んな時期に入るため、新緑の香りに元気をもらえそうですね。また、木々の間を吹き渡る「若葉風」や「草分けの風」も、初夏ならではのみずみずしさを感じることばです。
風薫る季節。木々のある公園を散策してもいいですね

風薫る季節。木々のある公園を散策してもいいですね



立夏の過ごし方・食べもの

夏の始まりである立夏はいわゆる初夏で、梅雨を経て盛夏になります。気温は高くても湿気が低いので、爽やかで過ごしやすい時期ですね。気候も安定しており、ゴールデンウィークにあたるので、お出かけにも最適。つつじやさつきも見ごろです。なお、紫外線が強い時期なので、紫外線対策も忘れずに。
今年のゴールデンウィークはいつ?祝日の内訳は?

街の中でもつつじやさつきを見かけます

街の中でもつつじやさつきを見かけます


また、前述のとおり、二十四節気の日付は固定されているわけではないため、年によっては「こどもの日/端午の節句」(5月5日)にあたります。
こどもの日/端午の節句、鯉のぼり・五月人形の由来

母の日(5月の第2日曜日)、京都の葵祭(5月15日)、浅草三社祭(5月第三週の金・土・日曜日)などもこの時期に行われます。
今年はいつ? 母の日、本当の由来とカーネーション

端午の節句の行事食である柏餅や粽(ちまき)、八十八夜の頃に盛んとなる新茶、この時季ならではの初鰹、旬を迎えるたけのこ、そら豆、グリーンピース、新じゃがなど、初夏の味を堪能してくださいね。
端午の節句~粽と柏餅、菖蒲湯の楽しみ方
今年はいつ? 八十八夜の意味と茶摘みとの関係
なぜ日本人は初物好きなの? 初鰹で寿命がのびる?


<関連記事>
意外と知らない「二十四節気」のいろは
【保存版】暮らしを彩る12か月の行事・風物詩リスト


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。