松のほうが梅より上等ってどこでも通用するのでしょうか?
「どれを注文する?」
「ピンキリだからなぁ…真ん中の竹にしておこうか」
誰でも身に覚えがありそうな会話ですね。新春を彩るおめでたい「松竹梅」は物事の格付けとしても使われますし、「ピンからキリまで」もすっかりお馴染みの表現です。でも、いったいどちらが上等なの?と迷ったことはありませんか。


松竹梅の不思議

松、竹、梅をあしらったお正月の生け花、掛け軸、調度品など、おめでたい席によく登場する「松竹梅」は、値段設定や物事の格付けにもよく使われています。
しかも一般的には、松>竹>梅 の順番で松が1番上等というイメージがありますが、お店によっては反対に梅のほうを上等にしているところもあり、ちょっと不思議です。


本来、松竹梅に序列などありません

そこで調べてみたところ、もともとは、中国で寒さに耐えるこの3つを「歳寒三友(さいかんさんゆう)」と呼んで書画の題材としていたそうでして、日本では青々とした常緑樹で不老長寿を思わせる松が平安時代からおめでたいものとされ、その後室町時代になってから、節目正しく真っ直ぐ伸びて風にも強い竹が縁起のいいものとして重宝がられます。さらに江戸時代に入ってから、冬に花を咲かす梅もめでたいものとなり、特に新春を彩るものとして定着していきました。

つまり、縁起のいいおめでたいものとして、その時系列が順番に反映されて「松竹梅」となったため、本来この3つに序列などはありません。


なぜ松竹梅に優劣がついたのでしょう?

物事値段じゃございませんが、一番安いものを注文する時はちょっと声が小さくなってしまいます…そこで妙案!「松竹梅」
その昔、寿司屋で一般的だった「特上・上・並」の値段設定がきっかけです。「特上!!」や「上!」なら胸を張って注文できますが、一番安い「並」と言うのは注文しにくい。そこで、どのランクでも気持ち良く注文できるよう、「特上・上・並」のような3等級を「松・竹・梅」に置き換えて表現するようになっていきました。確かに、大声で「並」というのは恥ずかしいけれど、「梅」だったら普通に言えそう。

でも、「松竹梅」が定着してしまえば同じこと!?

そこで今度はそのイメージを逆手にとり、梅のほうを最上ランクにして、一番安い松でも堂々と注文できるようにする店も出てきたのです。「松ください!」いつもよりもちょっと大声。

本来の松竹梅には序列がないわけですから、松が上でも、梅が上でも構わないんですね。いずれにしても、人の心理に配慮した粋なはからい。縁起物ならではのおもしろいお話です。


では「ピンからキリまで」ってどちらが上等なのでしょう? >>>