縁起物の「招き猫」、手の左右や高さで意味に違いがあるって本当!?

招き猫とは、招くように手(前足)をあげた猫の置物で、縁起物として人気があります。招き猫は江戸時代にうまれましたが、その発祥・由来には「○〆猫説」「今戸焼説」「豪徳寺説」「遊女薄雲説」「自性院説」など諸説あり、定かではありません。
 
招き猫の発祥・由来は諸説あり、定かではない

縁起物として人気の招き猫。その発祥・由来は諸説あり、定かではありません

この招き猫のあげている手(前足)の左右による意味の違い、また、手のあげかたの高さ、白・黒・赤・金などの色の違いなどにおける豆知識をQ&A形式で解説します。
   

Q:招き猫、右手と左手のご利益の違いは?

縁起物の招き猫は、左右どちらの手をあげているかで意味が違います。右手は打ち出の小槌を振る手なので金運を呼ぶ、左手は遊女が客を呼ぶときの姿から客を呼ぶなどといわれ、ご利益が異なるからです。
  • 右手をあげている招き猫は、お金を招くので金運上昇
  • 左手をあげている招き猫は、人を招くので千客万来・商売繁盛
 

Q:両手をあげている招き猫の意味は?

両手をあげた招き猫、手を高くあげた招き猫、寝そべっている招き猫などじつに多彩でおもしろい

両手をあげた招き猫、手を高くあげた招き猫、寝そべっている招き猫など、じつに多彩でおもしろい

両手をあげている招き猫には、2つの捉え方があります。お金も人も招くので縁起が良いと捉える人もいれば、万歳にみえるので"万歳=お手あげ”と見なして嫌う人もいるからです。
  • 両手をあげている招き猫は、お金も人も招くという説
  • 両手をあげている招き猫は、お手上げと見なす説
お金も人も招くようにしたい場合には、右手をあげている招き猫と、左手をあげている招き猫を2体置く人が多いようです。
 

Q:招き猫の手の高さで意味が違うの?

招き猫の手の高さにも意味があり、耳より高くあげていると遠くの福を招く、耳より低いと近くの福を招くといわれています。一般的な招き猫は、耳より低いです。
  • 耳より高くあげていると遠くの福を招く
  • 耳よりも低くあげていると近くの福を招く
 

Q:招き猫の色にも意味があるの?

黒猫は魔除け、厄除けの力があるとされてきた

黒猫は魔除け、厄除けの力があるとされてきた

招き猫の色によっても意味が異なります。一般的には白猫や三毛猫ですが、そのほかで伝統的なのは黒猫と赤猫です。黒猫は夜でも目がきくとされたことから「福猫」と呼ばれ、魔除け・厄除けの力があるといわれています。赤猫は、疱瘡や麻疹の神は赤い色を嫌うと信じられたことから、病除けになるとされています。
 
最近は色のバリエーションが増えており、金色・黄色は金運、ピンクは恋愛運などそれぞれに意味があります。手のあげ方と色を考えながら選んでみてください。
 
  • 白 …… 開運招福、商売繁盛
  • 黒 …… 魔除け、厄除け、家内安全
  • 赤 …… 病除け、無病息災
  • 金/黄 …… 金運上昇
  • ピンク …… 恋愛成就
  • 青 …… 学業成就、就職成功、交通安全
  • 緑 …… 家内安全、学力向上
  • 紫 …… 健康長寿
 

Q:海外の招き猫は日本と違うの?

招き猫は海外でも人気があります。とくに台湾でブームになり、今は中国大陸にも広がっています。中国版は金色が多く、子猫を連れていたり、稼働式で手招きしたりと独特の進化をとげています。
 
欧米では「lucky cat」「welcome cat」などと呼ばれて人気があります。アメリカにはお国柄を反映した招き猫があり、小判のかわりに弗(ドル)と書かれた硬貨を持っていて「dollar cat」と呼ばれています。また、手招きの向きが逆になっているのが特徴です。日本では“おいでおいで” と手の平をこちらに向けていますが、アメリカでは“Come On”のジェスチャー同様に手の甲をこちらに向けているわけです。瞳が青いバージョンもあり、とてもユニークです。
 
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。