結び方の基本は「真結び」です

真結びなら、解けずにイライラすることもありあません。
暮らしの中で欠くことのできない“結ぶ”という行為。その中で最もシンプルなのが、2回結ぶだけの「固結び」ですが、これを別名「真結び(まむすび)」といい、結び方の基本とされてます。

「真結び」は左右の引きに強いため使用中に解ける心配がないのに、使用後は魔法のようにスルリと解けるから大変便利。結ぶ、解くを繰り返す風呂敷などの基本ですから、結び方と解き方をきちんとマスターしておきましょう。


あなたの結び方をチェック!

まずは、自分の結び方をチェックしてみましょう。
ハンカチでも何でも結構ですから、2回結んでみてください。

 
■十字になっていたら NG!
これを「縦結び」といい、負荷がかかるとゆるみやすく、解きたいときには固くて解けないため厄介です。
ぜひ ⇒「真結び」をマスターしましょう


 
■真っすぐになっていれば OK!
これが「真結び」で、通称「固結び」と呼ばれています。負荷がかかっても頑丈で解けないから安心。でも、いざ解くときに大変なのでは!?
いえいえ ⇒一瞬で解く方法があります