暑くて眠れない夜の3つの快眠術

寝苦しくて睡眠不足になることも……

寝苦しくて睡眠不足になることも……

ジメジメ暑くて寝苦しい季節。いつもはそんなことなくても、この時期は「暑くてなかなか寝付けない」、「夜中目が覚めてしまう」など、睡眠へのお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今日はキャビンアテンダント時代に東南アジアなど暑くて湿気の多い地域へフライトした際も、「これをすれば快眠できた!」という3つのポイントをご紹介いたします。


寝室の冷房を付けるタイミング

image

寝苦しい夜も3つの技でぐっすり快眠!

まずは部屋の温度調整について。「さあ寝よう」と思い寝室に入り、冷房をつけ、「冷房をつけたまま寝ると風邪をひいちゃうかな?」と思いタイマーセットして就寝。しかし夜中暑くて目が覚めてしまう。こんなことがよくあるのではないでしょうか。

部屋の温度は急激に冷やすと壁など部屋の隅々まで冷え切っていないので、元の温度に戻るのも速くなってしまうのです。そのため、就寝の2~3時間前から冷房をつけ寝室の温度を適度な温度に冷やしておくことをおすすめします。そうすると就寝時には部屋の隅々まで冷気が定着しているので、タイマーが切れた後も室温が保たれやすくなります。

目安としてお風呂のスイッチを入れる頃、寝室の冷房のスイッチもオンにするくらいがおすすめ。

私は暑い地域にフライトした際はいつもこの技でしのいでおりました。

お風呂上がりの過ごし方

image

汗が引くまでゆっくりボディケア


2つ目はお風呂上がりの過ごし方。基本的には入浴中に上昇した深部体温が下がり始めるタイミングでベッドに入ると寝付きやすいと言われています。通常その時間は入浴後30分~1時間程度。

しかし夏場はお風呂から上がってもなかやか汗がひかず、体温が下がり始めるまでいつもより時間がかかってしまうことも多いはず。夏場はいつもよりお風呂上がりの時間を少し長めにとってみてはいかがでしょうか。

また、夏場はお風呂上がりすぐにパジャマを着てしまうと汗で濡れてその後冷えやすくなってしまうので、汗が引くまではバスローブやバスタオルなどをまといゆっくりとボディケアをするがおすすめ。


寝苦しい夜の味方!快眠アイテム

最後は快眠アイテム。暑いからといって布団をかけないで寝ては身体が冷えてしまいます。特に女性は脚やお腹は夏場でも温めておきたいもの。

「でも暑くて眠れない」というときは、冷却剤やアイス枕などで頭を冷やしてあげるのがおすすめ。お腹から下は布団をかけていても、頭を冷してあげるとすーっと涼しくなり気持ちよく寝付くことができるはず。

冷却剤は肌触りの良い柔らかいタイプがおすすめです。冷やしすぎると良くないのでタオルなどで包み、ひんやり感じる程度に調整してみてください。

夜遅くまで仕事をしていて頭が興奮して眠れないなんてときにもおすすめの方法です。

いかがでしたでしょうか?3つの合わせ技で寝苦しい夜もかなり快適になるはずです。心地よく眠って、元気いっぱいに朝を迎えましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。