ポッコリ下腹が見た目年齢を増加させる!

image

年齢を感じさせない美しい女性へ

40代でも年齢を感じさせないボディーラインを持つ女性に共通しているのは、スッキリとした下腹を持つ腰回り。逆に、パンツやスカートの上からでも脂肪が目立つ下腹のたるみは、ダイレクトに年齢を感じさせます。

ぽってりとした腰肉がなく、下腹がへこんでいる女性は、“腹横筋” という深層部にある筋肉が保たれています。

また、この腹横筋は姿勢を維持するために必要な筋肉ですので、下腹がへこんでいる女性は姿勢が美しいのが特徴です。美しい姿勢の持ち主は実際の年齢よりイキイキとした若さを感じますよね。

今回は、効果絶大のピラティスで、下腹ポッコリを賢く解消するエクササイズを指南します!


インナーマッスルを鍛えて、ぽっこりお腹を解消ピラティス

1600

ポッコリ下腹に欠かせないインナーマッスルをしっかり使います!


 

01

腰に痛みがある人はお休みします

1. 両手で太ももの後ろ側を持ち、両足を持ち上げる。下腹の腹筋を使ってバランスをとりましょう。

 

02

下腹をできるだけへこませます!
 

2. 息を吐きながら、バランスを保ったまま、左足を静かにおろします。

 

01

肩に力が入らないようリラックス

3. 息を吸いながら、左足を元の位置へ戻す。この時、腕や肩に力を入れすぎないよう注意しましょう。


 

03

腰に痛みがある場合はお休みします

4. 息を吐きながら、今度は右足を静かにおろします。


5. 1から4の動きを、ゆっくり交互に5回ずつ繰り返す。


 

  ⇒⇒ 次は、下腹へこましながら下半身もスッキリピラティス!