美しいボディと姿勢をつくるピラティス

 

思いのほかアクティブに動くピラティス。見ている分には単純な動きの繰り返しですが、やってみると想像以上に筋肉に効いてくる感じに驚く人も多いのではないでしょうか。

この効いている感じは、コアマッスルやインナーマッスルと言われる“深層筋”を使っているから。

同じような動きに見えても、アウターマッスルである表層筋を使って動くのと、インナーマッスルと言われる”深層筋”を使って動くのでは、効果や目的が全く異なります。

日常生活では意識して使うことがないインナーマッスルを整えるのが、ピラティスの醍醐味!

そして、そのピラティス効果を最大限活かすためには、正確な姿勢(ポジション)で呼吸と共に流れるようにエクササイズを行うことがポイントとなります。まずは「基本姿勢」と「呼吸法」をマスターしましょう。

ピラティスエクササイズの基本姿勢

ピラティスの基本姿勢には、「ニュートラルポジション」と「インプリントポジション」の2つがあります。重要な基本姿勢です。
 
1.骨盤のニュートラルポジション。
エクササイズのスタートは、骨盤を正しいニュートラルポジションにセットします。腹筋を使っておへそと背中を引き寄せ、腹部をまな板のように平らにし、骨盤を床と平行に保ちます。

 
2.間違ったニュートラルポジションの例です。
腰に過度な負担がかかるので、腰をそらせてはいけません。

 
3.インプリントポジション。
骨盤をやや後倒するポジションを「インプリントポジション」と言います。腹筋を使っておへそと背中を引き寄せながら、腹部が斜めのラインになるよう腰をマットに近づけ骨盤を後倒します。
※ニュートラルポジションより、さらにお腹がへこむ感じです。