雨の日のお悩み「雨水の跳ね上げ」を改善!

水はねしない歩き方をして雨の日を乗り切ろう

雨の日のオシャレ諦めてませんか?

雨の日の外出時に多い悩みが、かかとから洋服への「雨水の跳ね上げ」です。今回は、雨の日でもキレイに歩くための、「跳ね上げを改善するウォーキングテクニック」を紹介します。

「雨水が跳ね上がるから、雨の日に白い服はご法度!」なんていう人も多いのではないでしょうか?  雨水の跳ね上げは、靴のかかとに付いた水分を、自分で巻き上げてしまうために起こります。 つまり、後ろ足のパワーが、真っすぐに後ろに抜けきらずに、ゆがんだ状態で自分に戻ってきている状態で、正しく歩けていない証拠ともいえるのです。

「跳ね上げ」を改善させる、正しい歩き方のコツを説明します。

<目次>  

水はね防止には、正しい歩き方が重要

足首から爪先までが真っすぐ

足首から爪先までが真っすぐ

写真のように足首から爪先までが真っすぐになっているのが、正しい着地スタイルです。このように、正しく着地を行うと、足裏は地面を均等に接地した状態となります。
 
足首か爪先がゆがんでいます

ゆがんだ着地は跳ね上げの原因に

こちらの写真は、足首から爪先までが斜めにゆがんだ状態で着地しています。このように、着地が真っ直ぐでない状態だと、足裏に体重が均等にかからりません。そのため、この足に体重が乗った際に、後ろ脚が伸びきれず、ピョンと巻いたような歩き方をしてしまうため、雨水がはね上がってしまうのです。
 

では、はね上げないように着地するためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

足首の柔軟性を高め、跳ね上げ防止!

足首が固いと自分で思うような着地ができません。更に着地する時に、身体の重みが、かかとだけに必要以上にかかるため、跳ね上げの原因となってしまいます。そこで、普段から足首をやわらかくするエクササイズを行いましょう!

■足首を柔らかくするエクササイズ
 
硬い足首は跳ね上げの元

爪先で大きな円を描いて

まずは真っすぐな足首を意識して、そこから、ゆっくりと足首を回します。

まずは、外回し。足首は動かさず、爪先がキレイな円を描けるように意識しましょう。10回程度行ったら次に内回しを。
 

円にならずに、カクカクしてしまう人は、固い足首の証拠です。練習すると、だんだんキレイな円を描けるようになってきます。

 

水はねを防ぐのに大切な、歩き方のポイント

雨に負けない歩き方を

雨に負けない歩き方を

足首が柔軟になったら、最後は歩き方のコツです。ここでの大切なポイントは2つ。

1. 腹筋で上半身を引き上げ、かかとにかかる衝撃を緩和させるように意識する

2. 真っすぐな着地を心がけ、かかとだけではなく足裏全体を均等に使う

これはつまり、正しい姿勢でのウォーキングそのものなのです。

足首や下半身だけを使って歩くのではなく、雨の日にこそ、さっそうと全身を使って歩いてみませんか? そうすれば、跳ね上げに悩まされることなくイキイキとした美しいウォーキングスタイルの完成です。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。