階段はダイエットチャンスです!

正しい姿勢で階段を昇ってますか?

正しい姿勢で階段を昇ってますか?

皆さま、駅などで階段の昇り降りしていますか?最近ではバリアフリー化が進み、階段の昇降をしなくても日常生活が送れる環境になってきました。
それはとても素晴らしい事ですが、ちょっと待って。
ウォーキングをする方々にとって階段は、神様がせっかくくれたカロリー消費のチャンスです。
立ってエスカレーターに乗っている場合の運動量は1METs(メッツ)
それに比べ、階段の昇降は3METsになります。
(METsに関してはこちらの記事をご参照ください)

ちょっぴり数段昇っても変わらないんじゃない?と思ったアナタ。いえいえ、階段は日常生活のあらゆる場所に潜んでいます。
駅の階段はもちろんですが、オフィスでは、2階差以内の移動に階段を推奨している企業も多いですし、食事に入る際、表階段を少し昇るような店舗も少なくありません。
それら日々、少しずつの階段をダイエット用の歩き方で上り下りするかしないかの積み重ねは大きな成果の差となって現れます。


あなたの脚はたるんでない?太ももの筋肉を鍛え消費カロリーアップ!

階段の昇降は、下半身で身体を持ち上げ支えなければならず、通常のウォーキング以上に、太ももからヒップの筋肉を使います。これらの筋肉は、大きな筋肉であるため、鍛えれば消費カロリーもアップします。

また、降りる際には、特に内ももの筋肉を使います。内ももは意識して鍛えなければ衰えやすい部位なので、脚が弱ると、階段を昇るよりも降りる方が怖くなるのはそのためです。

階段を降りる際に、膝が開いてしまう方は要注意。すでに、内ももの老化が始まっています。

O脚は内腿が衰えてる可能性あり!

O脚の人は内腿が衰えてる可能性あり!

そして気をつけなければならないのはO脚気味の人。

左の写真をご覧ください。
O脚の方は、両脚の真ん中の赤線よりも脚の重心が外側にかかっています。
脚の形が原因で内腿の筋肉が衰えている可能性がありますので、膝と爪先が進行方向を向いていることを,
意識しましょう。




でもここで注意が必要です。
既に書いたように、階段の昇降は下半身の筋肉を酷使します。そのため、間違った姿勢で行うと、膝の痛みの原因となったり、せっかく昇ったのに、太ももの前面ばかり太くなり、内もも強化やヒップアップ効果を得られない場合もあるのです。

これでは、折角、階段でカロリー消費をしようと思っても、身体を痛めてしまう原因となり、良い結果を得ることができません。
良い効果を得るには、正しいフォームで階段をのぼることが大切なのです。

では、正しい姿勢での階段昇降とはどういうフォームで行えばよいのか、次のページでご紹介します。