ただ歩いてるだけじゃ効果なし!?

スニーカーでウォーキング!

スニーカーでウォーキング!


「ウォーキング」は手軽にできる美容・健康法。歩くと筋肉が使われ、巡りが良くなり、健康面・美容面へ良い影響をもたらします。また、一定のリズムでからだに刺激を与えることで、脳から出る幸せホルモンの分泌にも影響するとも言われています。

多くの良い影響があるウォーキングですが、「ただ歩いてるだけ」では、ウォーキングの効果を得ることができません。

同じ「歩く」ならば、効果が得られる方法で歩いてみませんか。

今回は、ウォーキングの効果が上がる、スニーカー選びから、ダイエットに効果的なウォーキングのポイントや歩き方を紹介します。


そもそも、ウォーキングの効果とは?

スニーカーウォーキングとお伝えしていますが、「靴ひもがあるペタンコ靴でのウォーキング」のことです。このような形状の靴は、歩く時に足裏全体を使った歩き方をしやすいのです。

足裏全体を使った歩き方をすると、血の巡りが良くなり、冷え症やむくみが改善、筋肉を使うので基礎代謝がアップし、脂肪燃焼効果があります。

ウォーキングのような適度な運動は、肩コリ、腰痛解消にも効果的。さらに、コレステロール値、血糖値のコントロールにもウォーキングが効果的であると言われています。

このように、様々な良い効果があるスニーカーウォーキングですが、正しい歩き方でなければそれらの効果を得ることはできません。


間違ってない? あなたのスニーカー選びと履き方

ウォーキングを行う時に、もっとも気をつけていただききたいのが「自分の足にあった靴をはくこと」です。

衝撃を吸収し、足裏の筋肉の収縮をサポートできるようなウォーキングシューズを選びましょう。

また、用途に合った靴を選んだとしても「履き方」が間違っていては、靴の持つ効果を得ることができません。

下記に「ウォーキングシューズの正しい着用法」をご紹介します。


【ウォーキングシューズの着用法】

1.靴に足を入れ、かかとを合わせる

かかとを合わせましょう

かかとを合わせましょう


紐を緩めて、靴を履いたらかかと側に合わせて靴を履きます。この時、座って行うとかかとの位置を合わせやすいです。左右両足着用します。


2.靴ひもをしめる

靴ひもは足の甲から絞めましょう

靴ひもは足の甲からしめましょう


靴と甲をフィットさせましょう。この時、きつすぎないように、足を曲げたり片足で立ったり、ウォーキングの際の動作を行い、甲を圧迫しすぎていないか確認しましょう。

甲には、血管、リンパ管が張り巡らされていますので、絞めすぎは巡りを妨げ、トラブルの原因になります。

また、靴ひもはその都度締めましょう。面倒だからと靴ひもを結んだまま着脱するのはNGです。


3.靴ひもを結び、履き口のフィット感をチェック

足首周辺の履き口に隙間はありませんか?

足首周辺の履き口に隙間はありませんか?


足首周半がゆるい方がラク、と勘違いしてませんか? 足裏全体を使う歩きかたは、足と靴との一体感が大切です。

履き口が緩いとかかとのポジションがずれ、ウォーキングの効果も薄れますし、緩すぎるとかかとが外れ、転倒の恐れがあります。


4.片足で立ち、つま先に1センチほどの隙間を確認する

片足で立った時のフィット感もチェックして。

片足で立った時のフィット感もチェックして。


ウォーキングの際は、足裏で体重を支えたり、足指を使い体を前に送り出したり、様々な動作を行います。両足で立っているときよりも、片足で立つと体重が狭い面積にかかり、足裏の幅が広がるので、片足立ちの状態で余裕があるかどうかをチェックしましょう。

このとき、指が自由に動く程度の余裕が必要です。1センチ程度、余裕があるものを選びます。

スニーカーを履いたら、その場で歩いてみてフィット感を確認しましょう。本格的にウォーキングを始める方は、靴と同時に「ソックス」もそろえましょう。トラブル防止につながります。シューズ購入時には同時にウォーキング専用のソックスも着用することをおすすめします。ウォ―キングやランニングのソックスは厚手のものが多いからです。

また、ウォーキングシューズを買う時間帯は、足のむくみを考慮しましょう。朝いちや夕方以降はむくみやすいので、夕方前の「午後」がのぞましいです。

続けて、足にあった靴を履いて正しいウォーキングの仕方をマスターしましょう! さっそく、ウォーキング法を紹介します。