歩きながらお腹をぺたんこに!腹筋ダイエット

美しいボディラインに腹筋は必須

美しいボディラインに腹筋は必須

腹筋。そう聞くと「筋トレは苦手で……」という方も多いかもしれませんが、筋トレと有酸素運動はどちらも美しいボディラインのために必須です。
けれど、わざわざ筋トレや有酸素運動をしなくても、効果的なウォーキングをすれば、腹筋もきちんと使えるってご存知ですか?

「歩いてるだけで腹筋なんて使うわけないわ」と思っている方、歩くときの姿勢、どうなってますか?
気がつかないうちに、自分のお腹をたるませているのはアナタ自身かも!?
なにげなく歩いている時間をお腹ダイエットの時間に変える、腹筋ウォーキングダイエットをご紹介します!


自分の歩き方をチェック!腹筋を使っていない歩き方って?

まずは、腹筋を使っていない歩き方の写真をご覧ください。

腹筋が使われていない歩き方

腹筋が使われていない歩き方

左の写真は、一般的に見られる、腹筋が使われていない歩き方の姿勢です。

・腰が落ちている
・膝が曲がっている

全体的に「だらん」とした印象を受けますね。
実際、この時の腹筋は、まさに、だらんとしています。



反り腰の歩き方

反り腰の歩き方

次に、腰が反り過ぎている歩き方もNG。

・腰が反っている
・体重が前に乗り過ぎている

姿勢が良く見られるがちですが、実は腹筋が正しく使われていません。背中で身体を前に押し出してしまっているため、腰痛の原因にも。




腹筋ダイエット効果あり!歩くときの正しい姿勢は真っ直ぐ


では、正しい腹筋を使った歩き方の場合は、どうでしょうか?

腹筋を使った歩き方

腹筋を使った歩き方

上半身が、上に引き上がっているのがわかりますか?

・腰から頭のてっぺんまでが、真っ直ぐ
・膝が自然に伸びている

この時、自然にお腹のインナーマッスルが使われています。




この姿勢でのウォーキングが身につけば、「ウォーキングをしながら腹筋ダイエット」が実現するのです。でも、急に腹筋を使歩き方と言われても、何から注意したら良いかわからないし、という方は、次のページの練習方法を実践してみて下さい。