食前と食後の10分ウォーキングで太りにくくなる理由

わざわざ長時間を確保しなくても、1日のなかで上手に運動を取り入れる方法があります。

わざわざ長時間を確保しなくても、1日のなかで上手に運動を取り入れる方法があります。


食前の空腹状態の時の運動は「今カラダについている脂肪を燃焼する」効果があり、反対に食後のお腹いっぱいの状態の時の運動は「今食べたものを脂肪に変えない」効果があります。つまり言い換えると、食前の運動は減量に直結し、食後の運動は体重を維持できる、と言い換えることができます。

 

食前は減量に直結、食後は体重維持。太りにくくなる2つの役割

「太るかも……」と罪悪感を感じることなく食事を楽しめる簡単な方法が、食前の10分ウォークと食後の10分ウォークです。同じウォーキングでも、実はその効果がちょっと異なります。それぞれの特徴を理解して、ぜひ日常に取り入れてみてください。


食前または食後10分歩きの日常への取り入れ方

たったの10分のウォーキングの習慣でカラダが変わる!

たったの10分のウォーキングの習慣でカラダが変わる!


やり方は至ってシンプル、食前または食後に10分間歩くだけです。早歩きや階段を使用すればさらに効果は高まりますが、早歩きできる環境がない場合は普通に歩くだけでも十分です。実際に10分ウォークを取り入れている女性のある一日を例に見てみましょう。


7:00 朝食
8:00 出勤
(朝食後10分ウォークは駅までの道のり。時間がある日はさらに次の駅まで歩く)
9:00 仕事開始
(昼食前10分ウォークは、オフィス周辺のレストランまで)
12:00 お昼休憩
(昼食後10分ウォークは、レストランからオフィスまでの帰り道)
18:00 退社
(夕食前10分ウォークは退社後のショッピングや自宅までの帰り道)
19:30 夕食
(夕食後10分ウォークは自宅内にあるエアロバイクで代用)

彼女の生活を見ると、日常生活に大きな支障をきたさずにウォーキングを上手に取り入れられています。運動をするためにまとまった時間を作れない人や、連続して運動をするのが苦手な人にはオススメの方法です。

≫食前と食後の10分ウォーキングの効果やメリットの違いは何?