鶏のカレー風味から揚げとごま豆腐

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずから揚げ

 

鶏のカレー風味から揚げとミルクごま豆腐

年末年始は忘年会や人と会う機会が多くなりますね。楽しくてつい飲み過ぎて二日酔いに…とならないようにしたいものです。今回はそんな時にお勧めの2品をご紹介します。食材や栄養素について知っておくと外食の時にも役立ちますよ。

鶏肉のカレー風味揚げは二日酔いに効果のあるウコンが入っています。カレー粉に含まれるウコンは胆汁の分泌を促して解毒することで肝機能を高めてくれます。またミルクごま豆腐のごま、牛乳にも二日酔い防止効果があります。ごまのセサミノールには二日酔いの元であるアルデヒドの分解を促進して肝臓の負担を減らす役割があり、乳製品は胃粘膜を保護してアルコールの吸収を防ぐ役割をしてくれます。この様な食材を上手に使うとよいですね。

また、空腹時にお酒を飲み始めると食べてから飲んだ時に比べて3倍の速さでアルコールが吸収されます。お酒を飲む時には何か食べながらお酒を飲むようにしましょう。

しかしながらやはり肝臓が分解できるアルコール量には人それぞれ限界がありますので、飲み過ぎには注意して楽しい時間を過ごしたいですね。



鶏カレー風味から揚げの材料(4人分

鶏のカレー風味揚げ
鶏もも肉 500g
1個
カレー粉 小さじ2
ごま油 小さじ1
醤油 小さじ1
小さじ3/5
ニンニク おろしにんにく1かけ分
片栗粉 大さじ6
かぼちゃ 200g
パプリカ 1個
ミルクごま豆腐
葛粉 30g
牛乳 250ml
ねり白ゴマ 40g
わさび 適宜
醤油 適宜

鶏カレー風味から揚げの作り方・手順

鶏のカレー風味揚げ

1:

鶏肉に卵カレー粉ごま油醤油塩おろしにんにくを加え混ぜ、1時間ほど味をなじませる。

2:

かぼちゃは小さめのくし切りにし、オランダパプリカは種をとって1cm幅に切る。

3:


片栗粉を加えて混ぜる

4:

鍋に油を入れ火を付ける前にかぼちゃを入れ、160度に熱する。温度が上がったらパプリカを入れ火が通ったら取り出す。

5:

油の温度を170~180度に上げ、鶏肉をからりと揚げる。

ミルクごま豆腐

6:

ボウルに葛粉を入れ、牛乳を加えて手で潰しながら少しずつダマがなくなるまで混ぜる。

7:

鍋に練りごまを入れて1を少しずつ入れてダマにならない様に混ぜる。

8:

ゴムベラで混ぜながら中火にかけて火を通して行く。

9:

底の方から固まってきたら弱火にし、常に底が焦げ付かない様に混ぜながら10分火を通す。

10:

小さめの器にラップを敷き、そこに1/4量のごま豆腐を入れてねじって紐などでとめて巾着型に整える。それをあと3個作る。

11:

バットに氷を入れて水をはり、ごま豆腐をいれて冷やす。ラップを取り器に盛ってわさびを添える。
時間が経つと固くなるのでその場合は水から茹でてまた冷やすと柔らかい状態で食べられます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ごま豆腐は牛乳を出汁や豆乳にしてアレンジしてもおいしいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。