丸ごとグレープフルーツゼリー

所要時間:60分以上

カテゴリー:スイーツゼリー

 

丸ごとグレープフルーツゼリー

だんだんと暑くなってくるこの時期、さっぱりとした見た目にも涼やかなデザートはいかがでしょうか?グレープフルーツを丸ごと使ったゼリーは入れ物もグレープフルーツの皮を使います。某フルーツパーラーで売っているグレープフルーツゼリーを作ってみたいという思いでできたレシピです。材料は少なめにしてグレープフルーツ本来の味を生かしたゼリーです。食べる前に蓋になっている皮についている果肉を絞って食べると美味しいです。

グレープフルーツには疲労回復効果のあるクエン酸がたっぷり入っています。また苦味成分でポリフェノールの一種であるナリンギンは満腹感も与え食欲を抑制する効果もあり脂肪分解を促進してくれるのでダイエットにも効果的です。
日焼けが気になるこの時期、メラニンの生成を抑制してくれて美白効果も期待できるビタミンCもたっぷりです。ゼラチンのコラーゲンはビタミンCと一緒に摂る事で美肌効果がアップします。


丸ごとグレープフルーツゼリーの材料(4個分

丸ごとグレープフルーツゼリー
グレープフルーツ 4個
板ゼラチン 15g
グラニュー糖 70g

丸ごとグレープフルーツゼリーの作り方・手順

丸ごとグレープフルーツゼリー

1:

板ゼラチンは冷水に一枚ずつ入れて戻しておく。

2:

グレープフルーツは平らな所において平行になるようにして上から2cm程の所を切る。蓋の部分は最後に使うのでとっておく。

3:

グレープフルーツの房の部分にぐるりとナイフを入れ、スプーンで身をかきだす。
ナイフやスプーンはあまり強く入れると厚皮が破れてしまうので気をつける。

4:

果肉の部分はざるで漉して絞る。
今回は470g取れました

5:

鍋に水、グラニュー糖を入れて火にかけ溶かす。 今回の水の量は130ccです。4のグレープフルーツの果汁と水をあわせて600ccになるように調節します。

6:

5を火からおろし、水気を絞った1を加えて溶かす。

7:

6の荒熱が取れたら4に加え混ぜる。

8:

氷水にあててかき混ぜながらとろみをつける。

9:

3に8を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。食べるときにふたの部分についている果肉を絞って食べると美味しくいただけます。 ゼリー液を流す時に器が傾かないように注意する。

ガイドのワンポイントアドバイス

グレープフルーツの果汁と水の分量があわせて600ccになるように水の分量を調整することがポイントです。今回は作った日に半分に切ると少し柔らかいかなという感じのかたさで翌日だときれいに半分に切れるゼラチンの量です。丸ごと器のまま食べるのであればもう少しゼラチンの量を減らしてもいいですし、作ったその日に切って食べたいようならゼラチンの量を増やす等して調節してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。