魚焼き器グリルで作る手作りピザとポタージュスープ

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザピザ

 

魚焼きグリルで作る本格手作りピザとパンプキンのポタージュ

ピザ生地の耳までもちもち美味しいしらすのピザ、家で作ってワインと一緒にいかがですか? 生地の発酵時間はかかりますが、作業自体は簡単で美味しく本格的な味わいです。

魚焼きグリルを使う利点は余熱の時間が少ないこと。そして何よりオーブンの温度よりも高い温度に設定できるのであっという間に焼きあがり、生地の中の水分を飛ばしすぎずにもちもちに仕上がります。パイ皿に伸ばす作業などはお子様と一緒に作っても楽しいですね。

フィリングは簡単にできるようにしらすと乾燥のあおさ(あおのり)にチーズをたっぷりとのせたものにしました。磯の香りが美味しい一品で少し和風のテイストもあり、いろいろな料理と合わせる事ができると思います。もちろんトマトソースとバジル・モッツァレラチーズを使ったシンプルなマルゲリータもいいですね。

もう一品はピザにぴったりのパンプキンキャロットのポタージュスープをご紹介します。パーティーの時に少しだけでも温かいスープがあるとうれしいですね。うちでは気を使わずに飲めるようにポタージュスープなら小さめのマグカップや蕎麦猪口などに入れてお出しします。


本格手作りピザの材料(4枚分

ピザ生地
強力粉 150g
薄力粉 150g
8g
インスタントドライイースト 小さじ1/3
フィリング
しらす 80g
小ねぎ 適宜
青のり 適宜(乾燥あおさ)
ミックスチーズ 120g
オリーブオイル 大さじ2
パンプキンキャロットのポタージュスープ
かぼちゃ 200g(皮を取って)
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
バター 15g
牛乳 200ml
生クリーム 50ml
小さじ2/5
こしょう 少々

本格手作りピザの作り方・手順

ピザを作る

1:

材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。全体に混ざったら中央をくぼませ水を190ml加えて全体に水分が行き渡るように箸でまぜる。

2:

粉っぽさがなくなってきたら麺台に取り出してよくこねる。

3:

生地が滑らかになるまで5分ほどよく捏ねる。24~25度で5~6時間発酵させる。

4:

この位まで発酵させます。

5:

一つ120~130gに分割し、キャンバス生地の上などにのせて30分ほどベンチタイムを取る。

6:

生地を麺棒で伸ばしパイ皿にのせ、両手の指先で上から押さえて厚さを均一にする。魚焼きグリルを一番強火で予熱する。

7:

しらす・小口切りにした小ねぎ・細かくくずしたあおさ・ミックスチーズをちらし、オリーブ油をまわしかけ、4~5分焼いて取り出す。魚焼きグリルの癖により、途中でまわしながら焼くとよい。

パンプキンキャロットのポタージュを作る

8:

かぼちゃは皮を取ってくし切りにし、人参は薄いわ切りにする。玉ねぎは薄切りにする。鍋にバターを入れて玉ねぎ・人参・かぼちゃの順に加え炒め、油がまわったら水150ml・塩・こしょうを加えて蓋をし、柔らかくなるまで煮る。荒熱が取れたらミキサーにかけてなめらかにし、牛乳・生クリームを加える。
人参はかぼちゃに比べて柔らかくなるまでに時間がかかるので、薄く切ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

麺台がなければきれいにした調理台で代用、キャンバス生地がなければオーブンシートで代用できます。パイ皿は100円ショップで売っているものを使用しています。魚焼きグリルに入る大きさのものを選びましょう。フィリングを変えるといろいろな味を楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。