レモンジンジャーシロップとアップルジンジャージャム

所要時間:30分

カテゴリー:サブのおかずジャム

 

レモンジンジャーシロップとアップルジンジャージャム

寒い季節にぴったりのレモンジンジャージャムをご紹介します。レモンと蜂蜜を加えているので冷え性の少し風邪気味の時やのどの痛みに効果的でおすすめです!私は少しののどの痛みならこれで改善してしまう時もあります。
生姜にはショウガオールという辛味成分が含まれ、血行を促進し体を温めて冷え性を改善したり生理痛にも効果があります。また抗酸化作用も高いので細胞の老化も防いでくれます。
ジンジャーシロップを作る過程でできるシロップを漉した生姜をつかってリンゴジャムも作ります。漉した生姜はシロップを作った残りのようですが辛味や香りはまだまだ残っています。きれいなシッパー付きのぽり袋に入れて平たくのばして冷凍してポキポキと折って使うと便利です。紅茶に入れて生姜紅茶にしてもいいですし、後でご紹介しますが肉料理に使っていただくととても手軽で深みのある味に仕上がります。
また新生姜が手に入る時期に新生姜を使ってシロップを作ると少し辛味がやわらかくなり、爽やかな風味のシロップができます。



レモンジンジャーシロップの材料(回分

ジンジャーシロップを作る
生姜 250g
砂糖 280g
はちみつ 50g
レモン汁 110g
ジンジャーアップルジャム
りんご 400g
三温糖 200g
レモン汁 1個分

レモンジンジャーシロップの作り方・手順

ジンジャーシロップを作る

1:

生姜は汚れている部分は皮を削って適当な大きさに切る。

2:

生姜を水250mlをミキサーにかけて生姜の大きいものが残らないように粉砕する。

3:

2・砂糖・はちみつを鍋に入れて火にかける。煮立ちかけたら弱火にして焦げないように混ぜながら10分加熱する。

4:

3を茶漉しで漉して軽く絞る。あまり強く絞らないようにしましょう。

5:

熱いうちにレモン汁を加えて保存瓶に移す。

6:

シロップは2~3倍にお湯で割って飲むとホットレモンジンジャーになります。また、炭酸で割ると本格的なジンジャーエールになります。

ジンジャーアップルジャムを作る。

7:

りんごは皮をむいて2mm厚さのいちょう切りにする。砂糖・レモン汁・ジンジャーシロップでできた生姜の搾ったもの30gを加えて混ぜ合わせ、5分おく。

8:

1を強火にかけて沸騰したらアクを取って煮る。リンゴが透明になるまで中火で火にかける。

ガイドのワンポイントアドバイス

ジンジャーシロップを作る過程でできるシロップを漉した生姜は、しょうが焼きに使っても簡単に美味しく仕上がります。下味をせずに豚肉を焼き、8分通り火が通ったら漉した生姜適宜とみりん・しょうゆを1:1で加えます。レモン・蜂蜜が入っているので肉も柔らかく仕上がります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。